政治

衆院選で「聞こえる選挙」。ヤフーが視覚障がい者向けのサイトを開設

立候補者の選挙公報・マニフェストなどを公開

2017年10月18日 16時24分 JST | 更新 2017年10月18日 18時29分 JST
ヤフー

ヤフーは10月18日、視覚に障がいがある人向けの衆院選の情報サイト「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」を公開した。

このサイトは画面の文字情報を読み上げるソフトに対応しており、候補者の情報や、政党マニフェストなどを音声で聞き取ることができる。18日時点では立候補者のプロフィール、東京都小選挙区の立候補者の政策、政党のマニフェストが掲載されている。23日には開票結果が掲載される予定。

サイトでは、読み上げソフト「スクリーンリーダー」を入れなくても雰囲気を感じることができる音声の例も提供されている。

総務省の調査では視覚障がいのある人のうち、91.7%がインターネットを利用し、画面読み上げソフトを利用して情報を得ている。

選挙で、立候補したすべての人が掲げる政策や、政党の発表したマニフェストなどは公費で選挙公報として文書にまとめられ、各家庭などに配布される重要なものだ。

一方で、この公報は各地域の選挙管理委員会によってネット上にもアップロードされているが「画像化したPDFファイル」で掲載することが義務付けられている。そのため、全国で10万人以上いるとされる視覚障がい1級の人々は、ネットで情報を得ることが難しい状況だった。

ヤフーでは、都議選前に視覚障がいのある人34人に対してアンケートを実施したが、投票に積極的ではなかったと答えた人は、その理由として「立候補者の情報や投票会場がわからなかった」「情報がないので意欲がわかない」というコメントがあったという。

ヤフーがこの取り組みをするのは、2017年の東京都議選に続いて2度目で、国政選挙では初めて。