NEWS

SMAP解散時の"最後の晩餐"のお店で、稲垣・草彅・香取を出迎えたのは誰…?【72時間ホンネテレビ】

稲垣吾郎が幹事役だった

2017年11月04日 09時38分 JST | 更新 2017年11月04日 09時52分 JST
Abema TV

稲垣吾郎、SMAP解散"最後の晩餐"の幹事だった

元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が3日、インターネットテレビ局Abema(アベマ)TVの番組「72時間ホンネテレビ」(11月2~5日)の中で、16年大みそかのSMAP解散時に集まって"最後の晩餐"をした焼き肉店「炭火焼き肉 An」で、同店をプロデュースする堺正章(71)と会食した。席上で、稲垣が"最後の晩餐"をセッティングした幹事役だったと明かした。

草なぎは会場に向かう車の中で、「緊張しますよね。堺正章さんがいらっしゃって」、香取は「そこに行くんだね」と感慨深げに口にした。稲垣は「(堺とは)その節もお会いしていませんからね。(解散時以降)僕は来ましたけど」と語った。そして店で堺と対面した。

堺は、3人が2日午後9時から生放送を続けていることについて「今まで、テレビの中ではなかったと思うよ」と評価した。その上で「(お店を)使いましたよね? あなたたちが31日に来て、僕は1日に来た。皆さんがいらしていたと聞いて忘年会かな? という気持ちでいたら、最後の食事をやろうということでいらしていたと聞いて驚いた」と語った。

その上で「僕が暗躍した、セッティングしたという報道があったが事実無根。お店をプロデュースしているけど」とSMAP"最後の晩餐"には関わりがなかったことを強調した。

稲垣は「いいお店で、個室もあってプライベートも守られるからと聞いて、僕がセッティングしました」と"最後の晩餐"の幹事役だったと明かした。一方、外に記者の気配を感じ、カーテンから外を見た時、取材陣に写真に撮られたと語った。香取は「誰か、来ている...という感じになって、僕は吾郎ちゃんが撮られたと思った」と当時を振り返った。

【関連記事】