NEWS

国立成育医療研究センターの医師が妊娠のリスクと「プレコンセプションケア」を解説

日本女性の「やせ」傾向、生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響

2017年11月15日 14時34分 JST | 更新 2017年11月15日 18時02分 JST
MASAKO KINKOZAN/HUFFPOST JAPAN
セミナーでは、「プレコンセプションケアが変える日本の未来」と題し、パネルディスカッションも開かれた

「プレコンセプションケア」という考え方が最近注目を集めている。

将来の妊娠や出産にかかわるリスクがないかどうか、事前に調べることで安全な妊娠や出産につなげ、産まれてくる子どもの健康を目指すケアを指す。

国立成育医療研究センターが2015年に設立した「プレコンセプションケアセンター」が2周年を迎えたことを記念して11月15日、セミナーが東京都港区の慶応大学で開かれ、担当医師の荒田尚子さんが講演した。

どうしてプレコンセプションが注目されてきたのか。

その背景の一つとして、荒田さんは先進諸国で妊婦の死亡率が劇的に低下してきた一方で、先天性障害を持った子どもや未熟児の割合、母親の合併症が原因の乳児死亡率は減っていないことを紹介。そこで妊娠前から女性の健康を管理することが、妊娠・出産の結果の改善につながると説明した。

また、子どもの6%が早産で、10%が低体重の状態でそれぞれ生まれ、2~3%は先天異常を持っているというデータも示し、「妊娠、出産の問題は、その後の子どもの健康にも影響する」と指摘した。

「こうした問題にならないようにするには、妊娠してからのケアでは間に合わない」として荒田さんは、事前に感染や摂取を防げるものとして以下のものをあげた。

風疹、梅毒、高血糖、アルコール依存症、たばこ、肥満、葉酸欠乏、サリドマイド、抗精神薬、抗てんかん薬、ワルファリン、メチマゾール、ビタミンA誘導体、たばこ

また、日本の赤ちゃんの平均出生時体重は年々減る一方で、あわせて出生時の体重が2500グラム以下の低体重児が増加しているという現状も紹介。

こうした現状に影響を与えている要因の一つとして、荒田さんが示したのが、日本の女性の「やせ」の増加だ。日本特有の現象とされ、「20代では4人に1人、30代で6人に1人がBMIが18.5%より少ない」という。

一方で、若い世代の肥満も増加しており、「やせ」と「肥満」の二極化がすすんでいるという。

また、母親の年齢別出生率も減っており、1970年は女性1000人あたり65.8人生まれていたが、2008年は40.8人まで減っている。

こうした出産年齢の高年齢化、生活習慣病や慢性の病気を持った女性の増加、肥満とやせなど、一連の社会的要因から、荒田さんは「妊娠のリスクが上がっている」とした。

プレコンセプションケアセンターでは、10~40代のすべての女性を対象に、妊娠に問題がないかを検診で調べたり、妊娠を考えたりするに当たっての改善点や注意点を、管理栄養士や医師が1対1で話したりする「プレコンセプション・チェックプラン」を用意している。

これとは別に、いま病気を抱えている女性で、妊娠を希望している人も、病気を持っていながら最適な状態で妊娠、出産するにはどうしたらいいかを相談する専門外来も設けた。2015年11月からの2年間で、約90件の相談を受け、このうち、慢性の病気を持っている人からの相談が32件を占めているという。

荒田さんは「医療の発達で妊娠、出産のチャンスは増えている」と話し、プレコンセプションケアセンターの意義を改めて強調した。

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp