「週休3日制」って実際できるの? ユニクロ社員が語る現場のリアル

2015年10月05日 00時44分 JST | 更新 2015年10月05日 15時31分 JST
Zhang Peng via Getty Images
SANLITUN, BEIJING, CHINA - 2015/08/08: Logo of a Uniqlo store in Sanlitun Tai Koo Li. In early August, Uniqlo declared a new partnership with Disney for further boosting sales in China. Despite criticism of labor practices at its supplier factories and a recent scandal over a sex video recorded in a fitting room in Sunlitun shop, Uniqlo has maintained its optimism for the Chinese market. (Photo by Zhang Peng/LightRocket via Getty Images)

「週休3日制」が話題のユニクロ。今年10月から、週に4日働いて3日休む「週休3日制」を、国内で働く転勤のない「地域正社員」を対象に導入するそうですね(全員が全員週休3日制になるわけではなく、希望者は選択できるようになっています)。導入した場合は原則平日に休日を取得し、来店客で賑わう土日に出勤してもらうようです。勤務時間も8時間から10時間へ(変形労働時間制を導入)。確かに、土日のユニクロは繁盛していて、スタッフのみなさんはとても忙しそうですからね。

果たして、「週休3日制」の導入はうまくいくのでしょうか?そもそも残業ばかりの職場では、新しい制度の導入・定着は難しそうですからね。そこで今回は『カイシャの評判』に投稿されている社員・元社員の声から、勤務時間をチェックしてみます。

社員・元社員のみなさんも忙しさを自覚。でも、残業はほとんどない。

2015-09-30-1443592920-4775931-enjapan_UNIQLO01.jpeg

では、実際の勤務時間はどうなのでしょう?

2015-09-30-1443593051-8620685-.jpeg

※スコアは2015年8月28日時点のもの

勤務時間はそれほど長くないようです。販売・サービス系の職種にのみフォーカスしてみると、「残業ほとんどなし」と回答。忙しい=勤務時間が長いというわけではないのです。

勤務時間に対する社員・元社員の声をチェックしてみよう

実際に社員の声をチェックしてみても、勤務時間に対するネガティブな意見よりも、「残業は基本的にない」「頼まれることはあっても、深夜に及ぶことはない」「事前に希望を出しておけば(残業を)頼まれることはない」といった意見が見られました。

店舗や時期、上司によっては「土日は出勤してほしい」という話になることもあるようですが、基本的に残業は少ないようですね。

これなら「週休3日制」という新しいワークスタイルの導入成功も期待できそうです。今回のユニクロの取り組みは、「地域正社員」対象での展開ということですが、こうした新しい試みが増え、多様な働き方がどんどん広がっていくといいですね。

社員・元社員のみなさんに回答していただいたアンケートの結果からも、忙しい職場であるということがうかがえます。

ユニクロ の社員の声はこちら

[30代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]

残業は基本的にありません。残業する場合も個々の状況を確認して同意を得てからになりますので無理はありません。とても働きやすい環境です。

[20代 / 男性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]

残業は頼まれる事が多いが、退社時間の制限があったため、深夜までというような遅い時間にはならないこと。

[10代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]

決められた時間で動けていると思います。休憩もしっかりとれ、残業の場合はその時間分まで給料が出ていました。

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]

入社時期によって変わってきますが、基本的に土日の出勤は必須になります。休むにも必ず理由を聞かれるので、片方どちらかは休めるとは思いますが、両方休むのは厳しいかと。

社員の声をもっと見る

【関連記事】