BLOG

(財)日本病児保育協会のゆるキャラがデビューしました!

2014年05月09日 16時07分 JST

病児保育の担い手「認定病児保育スペシャリスト」を育てる(財)日本病児保育協会(JaSCA)。

一見固そうなこの協会に、ゆるキャラが誕生しました。

その名も

ほっとせい」です!

default

ここで彼女から一言頂きましょう。

---

はじめまして、わたくし、ほっとせいと申します。

この度、認定病児保育スペシャリストの公式キャラクターに就任しました。ほほほほ。

ショーの世界を引退して病児保育の仕事を始めて、もう何年か経つけれど、まさかこんな大役をいただくなんてねぇ。もう嬉しくって涙が出てきちゃったわ。早く帰って、子どもたちにも報告しないとね。

そうなの、わたし4児の母なのよ。え?何歳かって?

女性にそんなヤボなこと、たずねちゃだめよ~。まぁ、うちの子は20代だと信じてくれているけどね(笑)

え?アシカじゃないわよ、私はオットセイ。アシカより細いんだから。

あらあなた、お子さんがお熱出ちゃったの?

まぁまぁ ほっとせい。明日はわたしがお子さんあずかるわよ!

----

このキャラクターを生み出して下さったのは、

日本最大のデザインプロダクション、株式会社日本デザインセンターの「MAMAPRO

吉岡奈穂さん、島津弓さん、甲田さやかさん。

その名の通り、ママかつ凄腕クリエイターの素晴らしい方々です。

そんな彼女たちが、「病児保育」の新しい可能性を、カタチにしてくれました。

わたしたち、JaSCAの思いを、カタチにしてくれました。

子どもたちは、「病気」と「健康」を交互に経験しながら、成長していきます。

病気の時も、健康な時も、子どもは子ども。

社会が支えて当たり前。

そう、病児保育はもっと「あたりまえ」になるべきだと思うのです。

もっと「身近」に感じてほしいと思うのです。

そんな思いを、ほっとせいに、託しました。

この、ほっとせい、そして(財)日本病児保育協会(JaSCA)を、これからも宜しくお願いします!

(2014年5月8日「駒崎弘樹Blog」より転載)