あの人のことば

広瀬すずに聞く、初恋


Eriko Kaji
森川すいめい

どうしたら若者の自殺を止められる? 自殺希少地域の「ひとの話をきかない」強さ

精神科医・森川すいめいさんが、自殺が少ない地域を旅して体験したことをまとめた「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)」が今、注目を集めている。なぜ「その地域の人たちは人の話を聞かない」のか、さらに訊ねてみた。それは、深刻な社会問題となっている若者の自殺をどうしたら防ぐことができるのか、ということにもつながっていく。
森川すいめい

精神科医が旅した「自殺希少地域」 生きづらさを減らす仕組みとは?

自殺で亡くなる人が少ない「自殺希少地域」と呼ばれる地域を旅した精神科医、森川すいめいさん。2016年7月に上梓した「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」(青土社)には、そうした場所には「生きづらさ」を減らす仕組みがあると書かれていた。それは一体、どのような仕組みなのだろうか?
猪谷千香

子どもと読みたい プログラミングの絵本「ルビィのぼうけん」

フィンランド発の絵本「ルビィのぼうけん」(翔泳社)が今、世界的な人気を集めている。好奇心旺盛な女の子ルビィが、宝石集めの冒険をする絵本で、物語を通じてプログラミングの基本的な考え方にふれることができるというもの。なぜ、子どもの頃からプログラミングの世界に触れた方が良いのか? 「ルビィのぼうけん」の舞台裏を、翻訳者で自身もプログラマーでもある鳥井雪さんに聞いた。
©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

「第三者がSNSで拡散する時代」柳楽優弥ら主演の映画『ディストラクション・ベイビーズ』で、監督が描きたかったこと

喧嘩に明け暮れる若者らを描いた青春群像映画『ディストラクション・ベイビーズ』が、21日から全国で公開される。監督の真利子哲也さんがハフポスト日本版のインタビューに応じた。
finnishbabybox

フィンランドのイクメンたちが世界に伝えたい「育児パッケージ」の効果

子育てしやすい国、フィンランドの育児を支えているのが、「育児パッケージ」と呼ばれる母親手当だ。赤ちゃんや親が使用するアイテムがパックになった箱で、毎年4万世帯に出産をひかえた母親に無料配布されている。その「育児パッケージ」を世界でも広めようと、フィンランドのイクメン3人が会社を立ち上げて販売を始めた。一体、どんな効果があるのだろうか?