BLOG

文章力が鍛えられそうです

2014年04月22日 00時13分 JST | 更新 2014年06月21日 18時12分 JST

ああ、なんと初稿いきなり叱咤頂いてます。

お目汚しの雑文にお時間を割いて頂いた方々、ありがとうございます(涙)

(友人からのメッセージ)

ハフポスの記事が○○(後輩)のシェアで流れてきて、コメント欄に変な人が「何言ってるかわからない」て書いてるから、んなことないだろー、と精読したら、確かによくわからんな、と(笑)

ツレにも分からんなら、他の人には分からんわな。

論点を明確にせよ、というのは文章を読むと簡単。

でも書くとめちゃ難しい、というのを実感しました。

以上、今日の論点終了。(これで終了だからね!)

では、ここからは、ぐだぐだと雑感。(よしこれでどうだ)

Facebookじゃそんな風に言われなかったね。なぜかって、みんなほとんど知り合いだったから、「こいつ文章ヘタだな、アホだな」と思っても言わないからでしょうね。だけど、こうしてブログになると一般の人に届き、コメントも自由であり、またコメント欄の騒ぎもひとつのコンテンツと言えるくらいのもので。顔が分からないと好きなこと言いやすいし。面識の有無に関わらず、文章が心地良くないと一言申し上げたくなる、という方にも届く可能性があるでしょうしね。

あー・・・。そういえばすごくまともなことを書いているのに、ムチャクチャな誤解をされて火消しが大変そうだ・・・というのを見たことがありました。僕の文章の論点はまだ、個人レベルの日々感想文くらいでとどまってるので、文章が支離滅裂でも「アホがなんか言ってるぞ」ということで、オモシロくないからどっか行こうということで、見ない人が去っていくくらいで許されるのでしょうが。

これが当事者が関わる繊細な問題にまで踏み込んで、かつ読み手の結論と違うと思われ、仮にその人が「コメント好き」だったりすると、「これは、いっぺん言うといたらなアカン!」という叱咤の気持ちや、「アホ発生。メシウマwww」なんて、軽い娯楽的な気持ちでいろんな人が便乗で炎上(韻)

その中で、「なるほど、ではカンペキな理論武装で勝負しよう。かかってきなさい。」というスーパー賢い人は、論理で完璧に固め、誰にも負けない論理ロボとなり、並み居るコメンテーター達のツッコミをぶっ飛ばしたり、華麗にかわしたりしながら名ブロガーになっていったり、散っていったりしていくのね、そうなのね。そんな風に思いました。

今後、炎上させるつもりなどは毛頭ありませんが、少年野球団時代から「ピッチャーびびってる!へいへいへい!」「サード狙え!サード!(僕がヘタで)」みたいなヤジに耐えて育った野球少年ですから、そういうのを鍛える意味で大変ありがたい場にご縁を頂いたなと思います。