BLOG

ケタミン代謝産物の抗うつ作用

2016年06月06日 01時53分 JST | 更新 2017年06月02日 18時12分 JST

NMDARアンタゴニストのケタミンには、迅速で持続的な抗うつ作用がある。このため、ケタミンと同様の抗うつ特性があるが望ましくない副作用のない別のNMDARアンタゴニストの探索が行われている。今回T Gouldたちは、(R,S)-ケタミンの抗うつ作用には、その(2S,6S;2R,6R)-ヒドロキシノルケタミン(HNK)への代謝が必須であり、(2R,6R)-HNK鏡像異性体がマウスにおいて迅速で持続的な抗うつ作用を及ぼすことを示した。

これらの作用はNMDARに依存していないが、AMPARの活性化を必要とする。重要なことに、(2R,6R)-HNKはケタミンに伴うような副作用を示さない。これらの知見から、迅速に作用する新規の抗うつ剤を開発するための新たな選択肢が示唆される。

Nature533, 7604

2016年5月26日

原著論文: NMDAR inhibition-independent antidepressant actions of ketamine metabolites

doi:10.1038/nature17998

【関連記事】

報酬探索行動の選択と調節 Nature533, 7603 2016年5月19日

性特異的に再結合する神経ネットワーク Nature533, 7602 2016年5月12日

四肢麻痺における筋応答の部分的回復 Nature533, 7602 2016年5月12日