アメリカ

セサミストリートのエルモが...クビになっちゃうの? トランプ政権に翻弄される悲しみの声を聞いてみよう(動画)

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2017年03月22日

一部の子どもたちはもうこの番組を見られなくなってしまうかもしれない。

「ロシア・ゲート」過熱で「トランプ幻想」が醒めたロシア--名越健郎

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月22日
新潮社フォーサイト

トランプ米政権誕生を大歓迎したロシアは、「ロシア・ゲート」事件をめぐり米政界が混乱することに失望を強めている。

アメリカ「異人種間の恋愛」映画の歴史 愛の多様性は、こうしてスクリーンで花開いた(動画)

The Huffington Post | 古家郷 田嶋嶺子 | 投稿日 2017年03月22日

愛の多様性が受け入れられるまでの長い道のりとアメリカ社会の変容を、映画史から振り返ります。

【WBC】侍ジャパン、準決勝の日本×アメリカ戦をテキスト速報

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月22日

「侍ジャパン」とアメリカとの準決勝の試合を、テキストで速報します。

【WBC】侍ジャパン、決勝進出ならず アメリカと接戦の末に敗れる(UPDATE)

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月22日

小久保監督「ホームが遠い、そういう試合だった」

「オバマ政権のトランプ氏盗聴」騒動は大西洋を超え、支持率最低を更新

平 和博 | 投稿日 2017年03月21日
平 和博

トランプ大統領による「オバマ大統領がトランプタワー盗聴」疑惑は、さらに奇妙な話になった。

トランプ大統領の改訂入国禁止令に反対する法廷助言書を、Airbnbなど58社が提出

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年03月16日
TechCrunch Japan

この助言書は、ハワイ州が起こしたイスラム主流国からの入国を制限する大統領令の暫定的差し止めを要求する訴訟を支持するものだ。

「男性が自慰したら罰金1万円」テキサス州議会に法案提出

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2017年03月14日

男性の自慰行為は、1回につき100ドル(約1万円)の罰金を課す。アメリカ・テキサス州議会に、そんな法案が提出された。

トランプ政権で軽んじられる経済専門家の声:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年03月13日
ニッセイ基礎研究所

トランプ大統領が経済政策立案において経済専門家の声を軽視しているのではないかという見方がでてきた。

日本とドイツのメーカーが同率1位 2017年「アメリカ自動車耐久品質調査」

Autoblog日本版 | 投稿日 2017年03月12日
Autoblog日本版

2つのメーカーが同率1位となった2017年のランキングをご覧いただきたい。

プログラミングで囚人の社会復帰を手助け 刑務所に再入所する悪循環を断つ

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年03月11日
TechCrunch Japan

カリフォルニア州の囚人の75%以上が、出所1年後も就職できていない。そんな現状を、「プログラミングを通じて変える」と一人の男が決意した。

マイケル・フリン氏、トルコ系企業から6000万円の報酬受けていた→スパイサー報道官「ビジネスの問題」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月11日

トランプ政権と特定の外国政府との関係が再び問題視される可能性がある。マイケル・フリン前米大統領補佐官が、大統領選期間中にトルコ系企業から6000万円の報酬受けていたのだ。

新大統領令が表す外国人の入国管理に関するいくつかの「ファクト」

橋本直子 | 投稿日 2017年03月09日
橋本直子

トランプ氏は、1月末に発出した出入国管理に関する大統領令に代わる新大統領令を発出しました。

ロボットによる荷物配送を認める法案、米バージニア州で成立。「インカンヲクダサイ」とロボに言われる未来も近い?

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年03月08日
Engadget 日本版

もしいつか日本でロボット配送が始まるとしたら、やっぱりロボットに「インカンヲクダサイ」と言われるのか、いまから少し心配です。

相次ぐ開発失敗 「認知症を治す薬」はなぜ出来ないのか

市川衛 | 投稿日 2017年03月01日
市川衛

実は近年、アルツハイマー病治療薬の開発は「連戦連敗」を続けています。

変死した「トランプ文書」情報源も:米大統領選「ロシア介入問題」の緊迫--春名幹男

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月25日
新潮社フォーサイト

トランプ氏は依然、プーチン・ロシア大統領批判を避け続けている。

「シンゾー・ドナルド関係」は国際政治にどんなインパクトを与えるのか--村上政俊

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月23日
新潮社フォーサイト

国際政治の中心に躍り出たシンゾー・ドナルド関係。その行方に益々注目する必要がありそうだ。

小さいおじさんだ。コロボックルだ。いや、プチトランプだ!(画像集)

The Huffington Post | David Moye, Chris McGonigal | 投稿日 2017年02月23日

手だけではなく体全体が小さくなってしまった、プチ・トランプのコラ画像がたくさんある。

トランプ大統領に似ているワニ出没? 世にも珍しい光景に住民が驚く

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年02月23日

住人が、トランプ大統領の顔とそっくりな色をしたワニを発見した。

なぜ貿易をするのか~決してゼロサムゲームではない:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年02月20日
ニッセイ基礎研究所

そもそも、何のために国同士で貿易をするのだろうか。トランプ大統領は雇用が奪われたと主張するが、比較劣位の産業から比較優位の産業へと労働者が移っていないともいえる。

米Vogue誌の日本文化盗用について

廣見恵子 | 投稿日 2017年02月21日
廣見恵子

米VOGUEでは日本の着物、おすもうさん、日本の風景を小道具として使い、モデルは自分たちにとって無理なく受け入れられる西洋美人を起用している。

米国:14歳の結婚が認められている米・ニューヨーク州

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2017年02月17日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

ニューヨーク州の児童婚に終止符を打つための法案を支持すべきだ、とヒューマン・ライツ・ウォッチは、同州の政治家に宛てた書簡内で述べた。

レスリングのアメリカ代表、イランで歓迎 大観衆が「USA」コール

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月16日

レスリングのW杯でイランを訪れたアメリカ代表が大声援で迎えられました。

FEDウォッチも上昇、米3月利上げも可能性あり?

東猴史紘 | 投稿日 2017年02月16日
東猴史紘

2月15日に米国の各種経済指標が発表されました。

トランプ合衆国の光と影!

المؤمن عبد الله | 投稿日 2017年02月15日
المؤمن عبد الله

「トランプ化」のような現象は今に始まったことだろうか。トランプのこういうやり方は彼だけのものなのか。彼のこういうやり方は間違っているのだろうか。