中国

中国のトイレで顔認証システムを導入 一体なぜ?

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年03月22日

中国の公園ではトイレットペーパーの短い切れ端を配るために顔認証テクノロジーを利用している。

中国国営テレビが日本産食品を「放射能汚染」と攻撃 震災以降の禁輸措置も解除せず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月15日

中国政府は2011年の福島第一原発事故を理由に、周辺10都県に及ぶ東日本の広い範囲からの食品輸入を今も禁止している。

アメリカではミドルクラスの地盤低下が問題となっているが世界ではミドルクラスは増えている

広瀬隆雄 | 投稿日 2017年03月12日
広瀬隆雄

アメリカではミドルクラス(中流)の地盤低下が問題となっていますが、世界全体でみるとミドルクラスは増えています。

中国から持参した生肉、鳥インフル検出 検疫に限界も

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月12日

中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして没収された鳥肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていた。

逆立ちして手を使わず頭だけで階段を登る男、中国に現る(動画)

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年03月10日

36段のギネス世界新記録を達成した。

中国が「北朝鮮を守る理由」はなくなりつつある--宮本雄二

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月07日
新潮社フォーサイト

北朝鮮が核兵器を手にする前に、国際社会は、どうしてもそれを阻止する必要がある。

大ヒット風刺漫画『マンガで読む 嘘つき中国共産党』が生まれた理由--野嶋剛

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月08日
新潮社フォーサイト

阿古智子東大准教授は、「祖国に捨てられたという気持ちが作品のエネルギーになっている」と指摘していた。

中国、「携帯データ通信料を年内に廃止」全人代で異例宣言

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月05日

中国全人代で李克強首相が「携帯電話の国内の長距離通話料とデータ通信料を年内に廃止する」と宣言すると、人民大会堂は約10秒にわたって大きな拍手が起きた。

中国、成長目標を「6.5%前後」に引き下げ 全人代開幕

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月05日

中国の全人代が開幕した。李克強首相は今年の国内総生産(GDP)の実質成長率目標を「6.5%前後」とすることを説明する方針だ。

中韓関係、ミサイル防衛で緊迫 ロッテ狙い撃ちデモ・旅行中止...韓国大使館は注意呼びかけ

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年03月04日

アメリカ軍の対北朝鮮ミサイル迎撃システムを韓国内に配備することに、中国が猛反発している。

【金正男氏殺害】北朝鮮国籍の男を証拠不十分で釈放 「捏造された証拠で捜査された」

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年03月03日

リ容疑者は国外退去処分となり、中国・北京に向けて出国した。

ロンドンのタワーブリッジそっくり? 中国・蘇州(画像)

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2017年02月27日

中国各地には世界の有名建築物を模した建物が相次いで出現している。

鉄の股間カンフー、達人らは肝っ玉が座っている(動画)

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年02月27日

「この武術を学び始めたのは、私が67歳になってからです」

高木菜那、3位なのに銅メダルなし なぜ?(アジア大会スピードスケート)

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2017年02月21日

冬季アジア大会のスピードスケートで女子1500メートルがあり、日本勢が4位までを独占したものの、大会規定により3位の高木菜那が銅メダルを逃すという「珍事」があった。

着実に広がりを見せる日本企業の対中投資積極化の動き

瀬口清之 | 投稿日 2017年02月17日
瀬口清之

2016年第4四半期の実質GDP成長率は前年比+6.8%と、前期(同+6.7%)をわずかながら上回った。

インドの大気汚染はコントロール不能になっている 年間の死者110万人

The Huffington Post | Hayley Miller , Lydia O’Connor | 投稿日 2017年02月16日

この四半世紀で、インドの大気汚染は急速に悪化しているという。

米中もし戦わば

東猴史紘 | 投稿日 2017年02月10日
東猴史紘

「米中もし戦わば」はトランプ政権の貿易政策を担当するピーター・ナバロ国家通商会議(NTC)委員長の著書です。

「トランプ登場」で変転する「米中露三国志」--名越健郎

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月08日
新潮社フォーサイト

中国が1月中旬、新型大陸間弾道ミサイル「東風41」を東北部の黒竜江省に配備したことが、米中露の3国関係に微妙な影響を与えている。

40時間休まず聴取、睡眠2時間、暴行... 中国、人権派弁護士に拷問

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月06日

2015年夏に中国で人権派弁護士らが一斉に拘束された事件で、逮捕された弁護士の1人が取り調べ中、当局から拷問や虐待を受けていた、と面会した弁護士が明らかにした。

尖閣諸島に日米安保条約を適用、中国外務省は反発「釣魚島は固有の領土」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月03日

中国外務省は3日夜、「釣魚島は古来、中国固有の領土であり、これは改ざんが許されない歴史的事実だ」と反発するコメントを出した。

アメリカの"狂犬"マティス国防長官来日、稲田朋美防衛相との日米防衛相会談始まる

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月03日

東シナ海や南シナ海における中国の海洋進出問題をはじめ、弾道ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮への対応を協議。

中国はトランプにどう立ち向かうのか--宮本雄二

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月02日
新潮社フォーサイト

中国外交は、事前に十分準備したものはなかなか上手く対処してきた。シンクタンクをはじめ、多くの人材を活用できるシステムを持っているからだ。

「アジア諸国の有力企業動向」-フォーチュン・グローバル500社ランキングの変遷から:中国企業は100社超がランクイン:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月30日
ニッセイ基礎研究所

国別の順位でも、中国は2012年に日本を抜いて第2位のポジションを継続している。

「No」と言える日本は絶対に必要 日本はマティス国防長官に独自の安保ビジョンを提案すべきである

Emanuel Pastreich | 投稿日 2017年01月30日
Emanuel Pastreich

日本はマティス国防長官に対し、外国政府の代表として礼をつくす必要はあっても、協力する必要はない。

アメリカ、EU、そしてチベット。ダライ・ラマ14世、世界の「分断」と「統合」を語る

Tomoko Nagano | 投稿日 2017年01月24日
Tomoko Nagano

「私たちは同じ人間です。私の国、私の大陸、私の宗教、というのは古い考え方です。地球上の70億人が一丸とならなればならない時代になりました」(ダライ・ラマ14世)