中国

Δ(デルタ)(1)--杉山隆男

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年04月24日
新潮社フォーサイト

首相は一瞬、耳を疑った。「アメリカが日本を見捨てる?」

「パンダ外交」世界展開中 オランダにも可愛い2頭が到着したよ

The Huffington Post | Doha Madani | 投稿日 2017年04月23日

パンダフィーバーが、間もなくオランダでも始まろうとしている。4月12日、中国からやって来た2頭のパンダが、ユトレヒトのアウエハンツ動物園に到着した。

中国メディア、トランプ大統領への皮肉がもう止まらない

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2017年04月23日

ドナルド・トランプ大統領が行った最近の急な方向転換は、アメリカ国内で大きく報道されている。そして、それは中国でも話題となっているようだ。

「日本信頼できる?」韓国13%中国16% 6カ国調査

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月22日

公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を発表した。

引き続き朝鮮半島情勢など

石破茂 | 投稿日 2017年04月21日
石破茂

北朝鮮が戦闘状態になれば...

北朝鮮に対する、アメリカの先制攻撃はあり得るか?【韓国の見方】

배명복 | 投稿日 2017年04月18日
배명복

朝鮮半島4月危機説が広がっている。

中国における老人性認知症の疫学及び介入のための施策

劉寒 | 投稿日 2017年04月17日
劉寒

多くの国が人口高齢化の課題に直面しているが、中国にとって最大の違いは、「先進国になる前に高齢化社会に入ってしまう」ことである。

米国政府 女性の健康のための国連機関への資金拠出を停止

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2017年04月17日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

資金拠出の停止は、女性が緊急に必要としているケアを受けたり、自分自身の選択に関する情報を受け取るために欠かせないリソースを台無しにしてしまう。

映画とファッションは中国をどう見つめてきたか。「メットガラ ドレスをまとった美術館」アンドリュー・ロッシ監督インタビュー

杉本穂高 | 投稿日 2017年04月13日
杉本穂高

4/15より公開されるドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は、2つの点で興味深い映画だ。

不思議の国ニッポン 中国で「スゴすぎる」「どうしてここまで?」の論調しきり

如月隼人 | 投稿日 2017年04月12日
如月隼人

2000年を過ぎたころから、中国で日本人の責任感、秩序重視などが注目されるようになった。日本の繁栄の基礎になったのは日本人の考え方や行動様式との見方が強まり、「中国が発展するためには学ぶ必要がある」との論調が強まった。

「またやるんですか、『盗聴法』という言い換え」

前田将多 | 投稿日 2017年04月12日
前田将多

事実に基づかない噂を流したり、勝手なあだ名で人を呼ぶことは、それが学校であったらいじめである。

北朝鮮攻撃の可能性、トランプ大統領が示唆 「アメリカが中国なしで問題を解決する」

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2017年04月12日

トランプ米大統領はTwitterで、北朝鮮に警告するとともに、同国に影響力がある中国へ改めて圧力をかけた形。

「中国爆発ニュース」なぜ激減? 背後に感じる当局の圧力

如月隼人 | 投稿日 2017年04月11日
如月隼人

大陸メディアは変化してしまった。だとすれば、なぜなのか。ここからは全くの憶測なのだが、私は当局の圧力があった可能性を否定できないと考えている。

トランプ大統領「米中関係は大きく前進した」 2日目の首脳会談

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月07日

米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席は7日午前(日本時間同日夜)、米フロリダ州パームビーチで2日目の首脳会談を行った。

2025年、地雷のない世界を目指して

AAR Japan | 投稿日 2017年04月05日
AAR Japan

世界の8割の国と地域が対人地雷禁止条約に参加していますが、アメリカやロシア、中国、インドといった大国がいまだに参加していません。

中国のトイレで顔認証システムを導入 一体なぜ?

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年03月22日

中国の公園ではトイレットペーパーの短い切れ端を配るために顔認証テクノロジーを利用している。

中国国営テレビが日本産食品を「放射能汚染」と攻撃 震災以降の禁輸措置も解除せず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月15日

中国政府は2011年の福島第一原発事故を理由に、周辺10都県に及ぶ東日本の広い範囲からの食品輸入を今も禁止している。

アメリカではミドルクラスの地盤低下が問題となっているが世界ではミドルクラスは増えている

広瀬隆雄 | 投稿日 2017年03月12日
広瀬隆雄

アメリカではミドルクラス(中流)の地盤低下が問題となっていますが、世界全体でみるとミドルクラスは増えています。

中国から持参した生肉、鳥インフル検出 検疫に限界も

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月12日

中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして没収された鳥肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていた。

逆立ちして手を使わず頭だけで階段を登る男、中国に現る(動画)

The Huffington Post | David Moye | 投稿日 2017年03月10日

36段のギネス世界新記録を達成した。

中国が「北朝鮮を守る理由」はなくなりつつある--宮本雄二

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月07日
新潮社フォーサイト

北朝鮮が核兵器を手にする前に、国際社会は、どうしてもそれを阻止する必要がある。

大ヒット風刺漫画『マンガで読む 嘘つき中国共産党』が生まれた理由--野嶋剛

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月08日
新潮社フォーサイト

阿古智子東大准教授は、「祖国に捨てられたという気持ちが作品のエネルギーになっている」と指摘していた。

中国、「携帯データ通信料を年内に廃止」全人代で異例宣言

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月05日

中国全人代で李克強首相が「携帯電話の国内の長距離通話料とデータ通信料を年内に廃止する」と宣言すると、人民大会堂は約10秒にわたって大きな拍手が起きた。

中国、成長目標を「6.5%前後」に引き下げ 全人代開幕

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月05日

中国の全人代が開幕した。李克強首相は今年の国内総生産(GDP)の実質成長率目標を「6.5%前後」とすることを説明する方針だ。

中韓関係、ミサイル防衛で緊迫 ロッテ狙い撃ちデモ・旅行中止...韓国大使館は注意呼びかけ

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年03月04日

アメリカ軍の対北朝鮮ミサイル迎撃システムを韓国内に配備することに、中国が猛反発している。