育児.

「生放送中に子供が乱入」動画を見て、母親をベビーシッターと勘違いした私の後悔と考察

Soraya Chemaly | 投稿日 2017年03月19日
Soraya Chemaly

私は間違った方向に行ってしまった。

「子育ては重労働になることもある」 BBCの放送事故で話題の教授が訴えたこと(動画)

The Huffington Post | Taewoo Kim | 投稿日 2017年03月19日

「本当に多くのインタビュー依頼が殺到しました」

「キラキラママ」は実在しない。保育士起業家が教える「いい親よりも大切なこと」とは?

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年03月14日

子どものために、いい親でありたい。でも、具体的にどうすれば良いのかわからない——。

赤ちゃん連れの旅で気づいた全日空と他の航空会社との違い

黒岩揺光 | 投稿日 2017年02月22日
黒岩揺光

赤ちゃんがどうすれば快適に過ごせるかは親が一番よくわかっている。

上野千鶴子氏の発言を読んで思ったこと。

望月優大 | 投稿日 2017年02月13日
望月優大

上野氏の発言に対してネットを見ていると「移民を治安悪化に結びつけるな」「平等に貧しくなるはずなどないだろう」といった批判が多いようです。

スマホに子守をさせる「スマホ育児」が物議、専門家が実態調査

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年02月10日
Engadget 日本版

「子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)」が、2月6日に「スマホ育児」の状況についての調査結果を発表。課題を解説しました。

つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」

withnews | 投稿日 2017年02月08日
withnews

2回目の育休を経験したつるの剛士さん。最初の育休は、事務所にも知らせず突然、イベント会場で宣言しました。

私が編み出した育児を「大変」から「楽しい」に変える方法

黒岩揺光 | 投稿日 2017年02月03日
黒岩揺光

掃除、料理、皿洗いなど一般の家事は、誰かと2人でやれば2倍楽になる。しかし、育児は違う。

1+1=? 当たり前の答えが、変わるとき。

TOKYO GRAFFITI | 投稿日 2017年01月24日
TOKYO GRAFFITI

当たり前の答えが変わることはそうそうありません。しかし、あるらしいことも確か。じゃあ、ここで問題。1+1は?

「仕事を犠牲にするのは、やっぱり母親」な状態に感じる申し訳なさと対応策【ステップファミリー奮闘記】

おときた駿 | 投稿日 2017年01月21日
おときた駿

世間の平均値に比べればかなり主体的に育児をしている方だとは思いますが、それでも負担は母親と比べ物になりません。

「私はダイバーシティに気づいていなかった」元クローズアップ現代キャスターの国谷裕子さんが考える、これからの働きかた

The Huffington Post | ハフポスト編集部 | 投稿日 2017年01月19日

「私はダイバーシティに気づいていなかった。私は悪いロールモデルでした」

育児は妻に任せ、「女性に重い物を持たすな」とか言う偽善行為はもうやめましょう

黒岩揺光 | 投稿日 2017年01月15日
黒岩揺光

育児という時間に不規則な力仕事を妻に任せる男性の偽善ぶりに腹立たしくもなった。

僕がダイバーシティに気づいたきっかけ。仕事人間をイクボスに変えた、部下と妻の言葉

The Huffington Post | ハフポスト編集部 | 投稿日 2017年01月16日

「イクボスアワード2016」で、グランプリを受賞したP&Gの鷲田淳一さんは、かつては超仕事人間だったが……。

「サポートではなくパートナーとして働く」時短勤務者のマネジメントを成功させるコツとは?

WOMenらぼ by enjapan | 投稿日 2017年01月11日
WOMenらぼ by enjapan

時短勤務制度を活用しながら多くの女性社員が活躍しているエン・ジャパン。リーダーとして時短メンバーのマネジメントに取り組んでいるエン転職の福吉さんにお話を伺いました。

あなたは期待する? 「一億総活躍社会の実現」女性のホンネに迫ってみる!

エン・ジャパン | 投稿日 2017年01月05日
エン・ジャパン

女性向け求人サイト「エンウィメンズワーク」上で「結婚・出産と仕事」に関する意識調査を実施。20〜40代を中心に628名から得た回答結果をまとめました。

「単なる育休延長」で男性の育休は置き去りに~パパクオータ制導入は当分見送りに~

吉田大樹 | 投稿日 2016年12月30日
吉田大樹

今回の単なる育休延長は、男性の育休取得に効果をもたらさないばかりか、悪影響さえあるのではないかと考える。

「自分らしい子育てでいい」2016年、こんなママたちの声がSNSで共感を呼びました

The Huffington Post UK | Amy Packham | 投稿日 2016年12月27日

母乳じゃなきゃ子供がかわいそう?産後すぐにビキニを着るのはみっともない?

赤ちゃんという優秀な人材を活用できる社会に

黒岩揺光 | 投稿日 2016年12月25日
黒岩揺光

赤ちゃんから元気をもらいたい人は山ほどいるだろうに、今の日本は、赤ちゃんが行き場を失う「待機児童問題」に頭を悩まされている。

〜子供も女性も、生きやすい社会を〜【美しく生きる人を増やすお仕事】 vol.3

池原真佐子 | 投稿日 2016年12月24日
池原真佐子

女性と子供とジャンルは違えど「人の居場所を作る」「人を輝かせる」という意味で共通しています。

子どものXmasプレゼント、"親があげたくないもの"をオーダーされた時の考え方

上沼祐樹 | 投稿日 2016年12月22日
上沼祐樹

クリスマスプレゼントや、誕生日プレゼントなど、子どもが得る「嬉しい」という体験。実はこれ、その子にとって大きな影響を与えているようです。

一日一善ならぬ"一日一抜"生活を始めてみませんか?

Lealta(レアルタ) | 投稿日 2016年12月15日
Lealta(レアルタ)

忙しいは"心を亡くす"と書きます。"忙しい"と感じている女性ほど、心地の良さを感じるゆとりの時間が必要なのでは?

私が目の当たりにした、ミャンマーの出産や教育事情 その光と影

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年12月13日
週刊ABROADERS

ミャンマーでは「子どもは国民の宝もの」として扱われ、行く先々で可愛がってもらえます。ですが、一方で...

出口の入口:『日本の未来を考えよう』第3回 「一億総活躍社会」を実現する方法

出口治明 | 投稿日 2016年12月06日
出口治明

生産性を上げるためには「さっさと帰る」。

「ワンオペ育児」専業主婦もブラック企業並み 夫も長時間労働で破綻寸前

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年12月02日

女性の社会進出が進んでも、家事の大半を女性が担う状況は変わらない。

はじめの一歩はミールプログラムで! 病児を抱える家族を、美味しい食事で支えたい。

日本政策学校 | 投稿日 2016年12月04日
日本政策学校

医療者側もお母さんのケアが必要だという理解はあるのですが、手が回らないのが現実だと感じました。