ジャーナリズム

ロボット記者は私の仕事を奪わない

井上直樹 | 投稿日 2017年05月18日
井上直樹

テクノロジーを「よき同僚」に、現場で実際に使っていくことが大切だと思っている。

「フェイクニュースのゴッドファーザー」からジャーナリストへのアドバイス

平 和博 | 投稿日 2017年05月07日
平 和博

「フェイクニュースのゴッドファーザー」は、フェイクニュース報道に関して、ジャーナリストが知っておくべき4つのアドバイスを示している。

ハフポスト、新しい章へ――編集長より

Lydia Polgreen | 投稿日 2017年04月26日
Lydia Polgreen

オーディエンスが気になる最も活力ある話題を通して、強固なコミュニティを築き続ける。

女子大生の"眼差し"をテレビも学ぶべき!? 「ビビット」BPO審議入りに想う

水島 宏明 | 投稿日 2017年04月16日
水島 宏明

報道にも信頼できる内容だとはいえない放送が紛れ込んでしまうようになっている。どうかテレビの現場で自分たちの眼差しを点検する作業を地道に続けてほしい。

ニュースの信頼を取り戻す、とメディアの論客がいう

平 和博 | 投稿日 2017年04月09日
平 和博

フェイクニュースの氾濫の背景として指摘されてきたのが、史上最低に落ち込んでいるマスメディアへの信頼だ。

YOUのメディア-ジャーナリズム・イノベーション・アワード2017

上瀧和子 | 投稿日 2017年02月17日
上瀧和子

社会のひずみを少しでも是正しようと思ったら、プロのジャーナリストだけでなくひとりひとりが声をあげられる、声をあげなきゃね、と心に火がともるイベントでした。

『日本の子どもは、戦争の準備万端だ』

Cristian Martini Grimaldi | 投稿日 2017年02月07日
Cristian Martini Grimaldi

ジャーナリズムそのものが、誤解や嘘を広めている元凶となれば、救いようのないことだ。

MXと似てる?TBS「ビビット」もヘイト放送!

水島 宏明 | 投稿日 2017年02月06日
水島 宏明

1月31日、TBS「白熱ライブ・ビビット」を見て絶句した。

実は私も隠れトランプ

黒岩揺光 | 投稿日 2017年01月19日
黒岩揺光

トランプ氏の「それは記者が知りたいことであって、パブリックは気にしない」の言葉がずしりとくる。

偽ニュースの見分け方...ポスト・トゥルース時代は、まだ来ていない

平 和博 | 投稿日 2017年01月04日
平 和博

8割以上の人たちは、フェイスブックのニュースフィードに流れてきた見出しだけを見て、共有していたことになる。

伝え続けること~"世界の不条理"と向き合って~

原貫太 | 投稿日 2017年01月20日
原貫太

初めての記事をハフィントンポスト日本版に寄稿してから、1年近くが経とうとしている。これまで70本以上の記事を書いたが、その多くを構成しているのが、私が目の当たりにしてきた"世界の不条理"に関する内容だ...

【対談】私にとって「伝える」とは―アジア・アフリカで活動する二人の現役大学生が語る(2/3)

原貫太 | 投稿日 2017年01月20日
原貫太

社会課題に取り組む活動というのは、選ばれし人々だけがやっていれば良いというものではないと思う。

受け手の「主体的な思考」を引き出すために、最低限気をつけるべき伝え方

原貫太 | 投稿日 2016年11月01日
原貫太

現実を切り取り事実を届ける事によって、決して受け身ではない、主体的に「考える」きっかけが生まれます。

完全デジタル化した英新聞社、世界展開に生存戦略を賭ける:「インディペンデント」の野望

DIGIDAY[日本版] | 投稿日 2016年10月03日
DIGIDAY[日本版]

「Facebookは、我々と米国を結ぶ道の役割を果たしてきた」と、ブロートン氏は語る。

グローバルで通用する条件とは?世界で戦える条件を定義する【対談 前編】

未来メディア塾 | 投稿日 2016年09月15日
未来メディア塾

今、必要なものは、世界で新しい価値を創ることができる、コンピテンシーを伸ばすことではないだろうか。

"ジャーナリズムの苦境"をめぐり、人気コメディ番組に米新聞協会が抗議する奇妙な展開

平 和博 | 投稿日 2016年08月16日
平 和博

イギリスの風刺番組「ラスト・ウィーク・トゥナイト」が〝ジャーナリズムの苦境〟を取り上げたことが、ウオッチャーたちの間で話題になっている。

すっかり年を取ってすっかり変わってしまった鳥越さんを眺めながら考えていたこと

熊代亨 | 投稿日 2016年08月13日
熊代亨

私には、鳥越さんが残念なことになっていくプロセスが他人事とは思えない。

自民党などの広告、参院選投票日の朝刊に掲載「これって違法?」調べてみた

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年07月10日

ハフポスト日本版では総務省選挙課などに話を聞いた。

ビルマ:抑圧の基盤を解体すべき

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2016年06月29日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

「ビルマ新政権は議会の多数派であることを利用し、非暴力の言論や集会を犯罪化するために使われている軍政期や植民地期の法律を廃止または改正すべきである」

「コレスポンデント」会話化し、マーケティング化するクラウドファンディング・ジャーナリズム

平 和博 | 投稿日 2016年06月22日
平 和博

「コレスポンデント」のマニフェストは、「コレスポンデントは公正だが、同時に主観的だ」と宣言している。

ゴリラ射殺事件の取材を受けて感じた、テレビ報道の問題点(2)

竹ノ下祐二 | 投稿日 2016年06月18日
竹ノ下祐二

もちろん、報道の自由があります。 マスコミ報道が「専門家」の言うなりになってしまうと、別の問題が発生します。 問題なのは...

トランプにキャリアを潰された女性アンカー 「決定的瞬間」が訪れている

津山恵子 | 投稿日 2016年05月23日
津山恵子

「何がどうなって、アメリカは、こんな風になってしまったのか」と多くの人が自問している。

ダン・ギルモア著『あなたがメディア ソーシャル新時代の情報術』を全文公開します

平 和博 | 投稿日 2017年05月13日
平 和博

ギルモアさんは、ソーシャルメディアの登場によって、ジャーナリズムはトップダウンの「講義」型から、読者との「会話」型へと変化していったと指摘しています。

日本の報道の自由度ランク72位、順位10以上後退

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年04月20日

キャスター一斉降板問題などで国際NGOが日本の「報道の自由度」後退と指摘。

「アメリカが見えない」パナマ文書

福田直子 | 投稿日 2017年04月12日
福田直子

情報提供者が、調査報道で知られるNYTではなく、ドイツ語の、しかも購読部数が40万部弱の南ドイツ新聞に接触してきたのはなぜだろうか。