銃撃

アメリカ共和党幹部が銃撃され重体 容疑者は警官の反撃で死亡(事件詳報)

HuffPost | Hayley Miller, Alana Horowitz Satlin | 投稿日 2017年06月15日

スカリス議員は「臀部の左側にライフル銃弾1発を受けた」。銃弾は「骨盤を貫通して骨を折ったほか、複数の内臓を損傷し多量の出血も引き起こした」という。

イラン国会で銃撃戦、1人死亡 テヘラン郊外ホメイニ師廟では自爆攻撃も

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月07日

首都テヘランのイラン国会を複数の男が銃撃し、警備員が1人死亡した。

誘拐されそうになった婚約者を取り戻そうと犯人に発砲した男性、逮捕される

The Huffington Post | David Lohr | 投稿日 2017年04月08日

「捜査官は私たちを辱め、中傷したのです」

「ママ、僕たちみんな死んじゃうよ!」人違いで銃撃事件に巻き込まれた親子、衝撃の動画

The Huffington Post | Ron Dicker | 投稿日 2017年03月20日

狙撃犯はダッシュカメラの視界の外にある停車中の車を標的にしていたとみられる。

14歳少年が小学校銃撃、児童ら3人負傷 父親も射殺か アメリカ南部タウンビル

The Huffington Post | Sam Levine, Sebastian Murdock, Andy Campbell | 投稿日 2016年09月28日

少年が父親を射殺した後、車を運転して小学校に向かったとみられる。

EU離脱か残留か、イギリスはどうなる? 日本への影響は

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2016年06月24日

議員銃撃事件に揺れるイギリス。なぜ「EUから抜けよう」という声がイギリスで出たのか。離脱派、残留派の意見をまとめてみた。

【パリ同時多発テロ】厳戒下でも防げず 銃声10分、そのとき何が起きたのか(図解)

朝日新聞デジタル | 青田秀樹 | 投稿日 2015年11月14日

13日夜の犯行は、無差別の銃撃や自爆テロがわずか30分ほどの間に6カ所で発生した。爆発物や自動小銃、乗用車が使われ、極めて組織的な犯行であることがうかがえる。

Andy Campbell

オレゴン州の大学で銃乱射、10人が死亡 オバマ大統領「呆然としている」

HuffingtonPost.jp | Andy Campbell | 投稿日 2015年10月02日

アメリカ・オレゴン州西部のローズバーグにあるアンプクワ・コミュニテイ・カレッジで10月1日午前10時半ごろ、銃乱射事件が発生し、少なくとも10人が死亡、20人がケガをした。

シャルリー・エブド襲撃事件 その時現場では何が起こっていたのか

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年08月06日
新潮社フォーサイト

シゴレーヌ・ヴァンソンが編集部で1月7日に体験し、後に『ルモンド』紙に語った内容は、彼女自身のどんな小説よりも数奇で、現実離れしたストーリーだったに違いない。

白人警官の黒人射殺事件 もし動画がなかったら、こんな記事が出ていたはずだ

The Huffington Post | Ryan Grim, Nick Wing, Daichi Ito | 投稿日 2015年04月12日

またもアメリカで起こった、白人警官による黒人男性の射殺事件。もし、事件の模様をとらえた動画が残されていなかったら、どんな風に報道されただろうか。架空の記事を書いてみた。

白人警官がアフリカ系アメリカ人男性を射殺する動画が流出 警察発表と食い違い

The Huffington Post | Andy Campbell | 投稿日 2016年07月06日

アメリカ南部のサウスカロライナ州の白人警察官が、武器を持たずに逃走していたアフリカ系アメリカ人男性を射殺したとして逮捕、訴追された。この様子を撮影した動画がきっかけとなった。

フランス銃撃事件が「文化戦争」もたらす可能性

Reuters | Reuters | 投稿日 2015年01月09日

イスラム教を繰り返し風刺していたフランスの週刊紙「シャルリエブド」の本社銃撃事件は、欧州各地で反移民の機運を一段と高め、宗教や民族的なアイデンティティーをめぐる「文化戦争」を燃え上がらせる可能性がある。 7日にパリ中心部で起きた同事件では、覆面をした複数の人物が建物に押し入り、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら編集者や著名風刺画家ら12人を殺害。事件直後にはフランス国内で、社会の結束と言論の自由を訴える声が沸き上がった。

学校に銃を構えた警官が乱入 超リアルな抜き打ち訓練に批判「本当に殺すのかと思った」

The Huffington Post | Hilary Hanson | 投稿日 2014年11月19日

フロリダ州ウィンターヘイブン市のある中学校で、銃を構えた警察官や警備員が突然教室に乱入するという「訓練」が行われ、事前に知らされていなかった保護者らの怒りを買っている。

「小学校用防弾毛布」がアメリカで予想を超えた売れ行き

The Huffington Post | Kevin Short | 投稿日 2014年06月13日

アメリカの学校では、銃撃事件が週に1件のペースで起きている(日本語版記事)。その結果、いまや親たちが新学期のために揃える物品のリストには、「子供用の防弾装甲」という、穏やかではない新アイテムが加わったようだ。

ウクライナで銃撃戦、流血の事態に

The Huffington Post | 投稿日 2014年04月13日

親ロシア勢力による政府関係庁舎の占拠が続くウクライナ東部ドネツク州やルガンスク州の複数の都市で4月12日、武装勢力が治安機関などの建物を相次ぎ占拠した。ドネツク州スラビャンスクでは13日、ウクライナの治安部隊員1人が銃撃で死亡した。

アメリカで若者を狙った銃撃事件相次ぐ

The Huffington Post | 投稿日 2013年11月10日

11月9日深夜(日本時間10日午後)、アメリカ・テキサス州ヒューストン郊外のサイプレスで行われたホームパーティで銃撃事件が発生、2人が死亡、少なくとも22人が負傷した。