国連

世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月21日

報告書では「上位4カ国は、国民の自由度、政治など幸福に関係する主要なファクターの全てで高評価を獲得した」と指摘されている。

南スーダンの陸上自衛隊撤収に思うこと

長有紀枝 | 投稿日 2017年03月23日
長有紀枝

日本のNGOのプレゼンスは、武力に寄らない広い意味の国益に間違いなく資していると考えるからです。

アン・ハサウェイ、国連で有給育児休暇の大切さを訴える(演説全文)

The Huffington Post | Alana Horowitz Satlin | 投稿日 2017年03月14日

「親になることで男性や女性が経済的に不利にならないような世界を、身をもって示していきましょう」

日本の国連加盟60周年記念シリーズ「国連を自分事に」(12)

国連広報センター | 投稿日 2017年03月09日
国連広報センター

アジアで初の女性宇宙飛行士として2度の宇宙飛行を果たし、日本の宇宙開発分野に大きく貢献されてきた向井千秋さんに話を聞きました。

ソマリアで大規模干ばつ、2日間で110人死亡 人口の半分620万人が深刻な食糧不足に

The Huffington Post | Eline Gordts | 投稿日 2017年03月06日

約550万人がコレラに感染する恐れがある。

日本の国連加盟60周年記念シリーズ 「国連を自分事に」(11)

国連広報センター | 投稿日 2017年02月22日
国連広報センター

日本は、ルールを守るためにルールがあるわけではないということを忘れがちになっている気がします。考える力を自由に伸ばすような教育が必要になってきています。

「日本人元職員が語る国連の舞台裏」 ~日本の国連加盟60周年特別企画~ (8)

国連広報センター | 投稿日 2017年02月10日
国連広報センター

危機の状況に至った時、国連の国際職員を救出することは決まっていますが、いつも問題になるのは現地職員をどうするかという点です。

この人に聞く:宇宙工学はよりよい世界づくりに貢献 - シモネッタ・ディ・ピッポ国連宇宙部長

国連広報センター | 投稿日 2017年02月10日
国連広報センター

私たちは、各国政府や民間セクター、学界、市民社会が、宇宙活動に大きな関心を向けるべき理由について、より深く理解できるようになったと確信しています。

トランプ大統領の「孤立主義」を危ぶむ前に日本人が知らなければならないこと

黒岩揺光 | 投稿日 2017年01月24日
黒岩揺光

ジュネーブで国連職員として2年働いた私は、国連は「国際協調」という名のもとに繰り広げられる「孤立主義者」たちの戦いの場でしかないということを思い知った。

高齢者は何歳からか?~求められる65歳からの"意識改革・生き方改革":研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月20日
ニッセイ基礎研究所

この65~74歳の10年間を如何に生きていくか、長寿時代を生きる私たち及び社会に課せられた新たな課題と言えよう。

アントニオ・グテーレス国連事務総長の発言 - 安全保障理事会公開討論「国際の平和と安全の維持:紛争予防と持続的な平和」にて(ニューヨーク、2017年1月10日)

国連広報センター | 投稿日 2017年01月13日
国連広報センター

国連事務総長「国際秩序は由々しき脅威にさらされています。」

オバマ政権、イスラエル非難の国連安保理決議に拒否権行使せず

The Huffington Post | Jessica Schulberg | 投稿日 2016年12月24日

アメリカは12月23日、イスラエルが占領したパレスチナ領での入植活動を非難する国連安全保障理事会の決議で、イスラエル擁護という「伝統」を破った。

映画『母と暮らせば』を通じて、長崎から平和について考える

国連広報センター | 投稿日 2016年12月20日
国連広報センター

日本の国連加盟60周年の今年は、いつにも増して国連と日本の歩みの「これまで」と「これから」について思いをめぐらせています。

連載「日本人元職員が語る国連の舞台裏」 ~日本の国連加盟60周年特別企画~ (7)

国連広報センター | 投稿日 2016年12月19日
国連広報センター

国連は完璧ではありませんし、全員が必ずしも平等ではありません。でも、それが自分のやりたいことであるなら、生きがいと喜びを見出せます。

「最後のメッセージです」アレッポ市民がTwitterに投稿した別れの言葉

The Huffington Post | George Bowden | 投稿日 2016年12月15日

民間人82人が殺害されたと報じられているアレッポから、市民たちが悲痛のメッセージを訴えている。

シリア政府軍がアレッポ制圧、民間人82人殺害か「人権が完全にメルトダウン」国連が非難

The Huffington Post | Steven Hopkins | 投稿日 2016年12月13日

「アレッポでは人権が完全にメルトダウンした」

中野渉

「多くの女性が危険地に行くことも厭いません」 国連地雷対策サービス部トップにマカイユ氏に聞く

HuffingtonPost.jp | 中野渉 | 投稿日 2016年12月08日

国連で地雷除去や住民向けの安全教育を手がける「地雷対策サービス部(UNMAS)」のアニエス・マカイユ部長がハフィントンポストのインタビューに応じた。

混迷が続く南スーダン、ケニアはなぜPKOから撤退したのか

Ambassador Amina Mohamed | 投稿日 2016年12月07日
Ambassador Amina Mohamed

国連平和維持活動のシステム上の欠陥のために我が国の将軍を解任し、しかも事前の相談もなかったことは、失礼であるだけでなく、ケニアが南スーダンに果たしてきた貢献という名誉を傷つけるものだ。

殺意に変わる愛情 - 寄稿:ユーリ・フェドートフ 国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長

国連広報センター | 投稿日 2016年12月06日
国連広報センター

東西南北のどこで暮らそうとも、親密なパートナーによる女性の殺害は、全世界のあらゆる地域で同じような水準にあるということです。

日本の国連加盟60周年記念シリーズ「国連を自分事に」 (10)

国連広報センター | 投稿日 2016年12月02日
国連広報センター

今までは役に立つ支援工学、つまり教育や就労にとって"必要な支援機器"の研究や開発をやってきたのですが、今は、「楽しい!」と感じられるような研究を一つの柱に。

国連:LGBTの権利、勝利する

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2016年11月26日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

活動を継続すべきであると僅差ながら賛成されたことは人権の勝利である。

日本の国連加盟60周年記念シリーズ「国連を自分事に」(9)

国連広報センター | 投稿日 2016年11月22日
国連広報センター

国連が無力だと批判する人もいますが、世界の色々な問題を解決するグローバルなフォーラムとして国連は重要だという私の思いは今日までずっと変わりません。

北朝鮮制裁のループホール、朝鮮総連科学者を阻止すべき

Lee Ae-ran | 投稿日 2016年11月17日
Lee Ae-ran

国際社会が北朝鮮を全方位から強く圧迫するために、北朝鮮制裁のループホールを洗い出して穴を埋めることに総力を傾けている。

ビルマ:ロヒンギャの村落、甚大な被害

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2016年11月16日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

ビルマ・ラカイン州のロヒンギャの村落での、火災による大規模な建造物破壊が明らかになった。

高校生、模擬国連で「世界」と出会う

国連広報センター | 投稿日 2016年11月11日
国連広報センター

重要なのは、みんなで一つのものを作っていくこと。交渉において、相手を言い負かすことはあまり重要ではない。