Woman

Getty

新しいことに挑戦するあなたに贈る「強い女性」15人からの勇気が出る言葉(画像)

2014年も終わりに近づき、また新たな年がやってくる。新年といえば、新しいスタートを切り、今までできなかったことに挑戦するチャンスだ。……しかし、そう口で言うのは簡単でも、一歩足を前に踏み出すことは、なかなか難しかったりするものだ。 そこで、常に新しいチャレンジを続けている15人の女性たちが語った名言を紹介する。世界は、常に驚きと発見に満ちている。これらの言葉を胸に、2015年は新しい世界を切り開いてみよう。
猪谷千香

「地方創生」と「少子化対策」に今、何が必要か 増田寛也氏の講演レポート

衆議院総選挙では、地方活性化や少子高齢化といった問題をどうするか、各党や立候補者はそれぞれ公約を掲げている。果たして実現には何が必要なのか。12月14日の投開票日を前に、「地方消滅」(中公新書)の著者である増田寛也氏が9月、東京・内幸町のフォーリン・プレス・センターで行った講演の様子を振り返り、あらためて「地方創生」と「少子化対策」を考えるきっかけとしたい。
猪谷千香

「マタハラ」で起こる女性の人生ドミノ倒し 味方にならない労働局、心ないバッシングに疲弊

妊娠を理由に職場で降格されたのは法律に反すると訴えた訴訟の上告審判決が10月23日、最高裁で言い渡される。妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止めされたり、減給、降格されるなどの嫌がらせを職場で受けるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)。マタハラは女性の人生に二次被害、三次被害をもたらし、「人生のドミノ倒し」に陥る危険がある。実際に被害に遭った女性が語ったことは?
Shutterstock / Syda Productions

率直にいって、政府の女性起業家向け補助金創設は、かなりおかしい

女性の起業家を応援するために、政府は補助金の新設を検討しているらしい。これはかなりビミョーだな、というのが率直なところ。まえから書いてるとおり、産業支援に補助金ってのは、かなり微妙。まず、創業補助って、おかしいと思うのです。だってもうらうのは、1)補助金関係なく創業する予定だった人が補助金をもらう2)創業するか決めてなかった人が、補助金もらえるから、と起業して受給するのどっちかでしょう。