BLOG

謎の天体は50億光年の宇宙にあった すばる望遠鏡が解明

2016年02月28日 02時30分 JST | 更新 2017年02月25日 19時12分 JST

宇宙のかなたで一瞬フラッシュのように電波が観測される「高速電波バースト」と呼ばれる謎の現象の正体は、約50億光年離れた銀河で起きた大爆発とみられると、東京大学と国立天文台などの研究チームが25日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

高速電波バーストは、約千分の1秒の一瞬に激しく電波を出す現象。2007年に最初に、その後13年には4回確認された。全天で1日数千回も起きているとの推測もあったが、どのような天体現象か詳しいことは謎だった。

東京大学大学院理学系研究科の戸谷友則(とたに とものり)教授らは、オーストラリアの電波望遠鏡が昨年4月、おおいぬ座の方向で高速電波バーストを見つけたことを受け、米ハワイにある国立天文台の「すばる望遠鏡」による同じ方向の観測データを分析した。

その結果、この謎の現象の発生源である銀河を特定。可視光の波長分析結果などから地球からの距離が約50億光年であることを突き止めた。研究グループは、この銀河は古い星の集まりで、中性子星同士の合体によって誕生し、重力波を放出している可能性がある、としている。

関連リンク

・東京大学大学院理学系研究科・理学部プレスリリース「すばる望遠鏡が解明、本当に50億光年の彼方からやってきていた‐謎の天体・高速電波バースト

サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年7月3日ニュース「ダークマター9つ確認 2.3平方度の範囲だけで

・2015年3月9日ニュース「彗星の尾の変化やイオンの塊の動き捉えた

・2015年2月19日ニュース「新星爆発は宇宙のリチウム合成工場だった

・2009年1月23日ニュース「渦巻き銀河M33の高解像度画像公表

・2008年7月11日ニュース「星を量産している銀河発見

・2007年12月19日ニュース「昔の銀河はみんな丸かった

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/02/20160225_01.html

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙