BLOG

代表4人全員銀・銅メダル獲得 国際地理オリンピック

2015年08月28日 01時48分 JST | 更新 2016年08月24日 18時12分 JST

ロシアのトヴェリで10~17日に開催された「第12回国際地理オリンピック」に参加した生徒が、銀メダル等を獲得した、と国際地理オリンピック日本委員会が発表した。

銀メダルを獲得したのは、筑波大学附属駒場高等学校(東京都)3年の菊池裕太(きくち ゆうた)さん、開成高等学校(東京都)3年の齋藤亘佑(さいとう こうすけ)さん、 筑波大学附属高等学校(東京都)2年の佐藤 剛(さとう ごう) さん。また、銅メダルを、 灘高等学校(兵庫県)3年の辻 有恒(つじ ありつね)さんが獲得した。

国際地理オリンピック日本委員会によると、今年の国際地理オリンピックには、40カ国・地域から158人が参加した。

関連リンク

・国際地理オリンピック日本委員会「第12回国際地理オリンピック日本代表の結果。4名全員メダル受賞の快挙!

サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年7月22日ニュース「代表4人全員メダル獲得 国際生物学オリンピック

・2015年7月22日ニュース「代表6人全員銀、銅メダル 国際数学オリンピック

・2015年7月13日ニュース「5人全員金、銀、銅メダル 国際物理オリンピック

・2014年8月21日ニュース「国際地理オリンピック 日本人銀メダル獲得

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/08/20150825_01.html