BLOG

風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8%

2015年09月17日 14時38分 JST | 更新 2016年09月15日 18時12分 JST

日本の風力発電設備は今年3月末時点で、2,034基、総設備容量で約293万キロワットに達したことが、11日新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公表した調査結果で明らかになった。昨年度の1年間で、113基、設備容量で約24万キロワット増えた。この10年間でみると、総設備容量の伸びは3倍強となっている。

世界風力会議の報告書によると、世界全体の2014年の総設備容量は、約3億7,000万キロワット。国別で見ると1位は中国で、総設備容量約1億1,500万キロワットと全体の31.0%を占める。2位は米国約6,600万キロワット(17.8%)、3位はドイツ3,900万キロワット(10.6%)、4位スペイン約2,300万キロワット(6.2%)、5位インド約2,200万キロワット(6.1%)と続き、日本は19位で世界全体の総設備容量に占める割合は0.8%にとどまっている。

経済産業省が7月に発表した長期エネルギー需給見通しによると、2030年度のエネルギー需要の中で電力が占める割合は28%とされている。電源構成は、原子力20~22%、再生エネルギー22~24%、液化天然ガス(LNG)27%、石炭26%、石油3%となっている。風力は再生エネルギー22~24%のうちの1.7%分を担うとされている。



関連リンク

・新エネルギー・産業技術総合開発機構プレスリリース「日本における風力発電設備・導入実績」を公表―2015年3月末時点の日本の風力発電設備導入量の情報を提供―

・経済産業省「長期エネルギー需給見通し



サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年9月4日ニュース「フライホイール蓄電試験施設完成 再生エネ安定導入の実証へ

・2015年8月18日ニュース「洋上風況マップ作成へ NEDO風力発電本格導入に向け

・2015年7月17日ニュース「2030年度原発20~22% 長期エネルギー需給見通し決定

・2015年6月29日オピニオン・平沼 光 氏・東京財団 研究員「エネルギーミックス構築に必要な視点

・2015年4月7日ニュース「原子力25%超の電源構成経団連が提言

・2012年2月21日ニュース「世界の風力発電容量は2億3,800万キロワットに

・2011年9月2日ニュース「北九州沖合で風力発電実証計画スタート

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/09/20150915_01.html