BLOG

東京オリンピック2020を黒字化する方法1

2015年08月01日 21時53分 JST | 更新 2016年08月01日 18時12分 JST

新国立競技場問題に続き、エンブレムパクリ問題と、なにやら東京オリンピック決定以降のモヤモヤ感が半端ないですよね。

新国立競技場以外の施設でも、東京都の施設費用がムチャクチャかさんでいるとか

総費用が2兆円超えるとか、超えないとか

でもって、費用削減しているとかしていないとか

まあ、安く上げるに越したことはないんですが、

コンパクトオリンピックももちろん大事なんですが、

なにやら、ここへきて、闘う前から敗戦処理モードになっている。

失点をいかに抑えるか、始めてもないのに敗戦の責任者を見つけるとか、、

しらけモードになってきている。

そんなことはない。

むしろ、阿呆どもの必敗の計画が露呈しただけ

ギリギリだが、路線変更のチャンスが生じた。

負け試合が必定の流れに釘を刺した。

ぶっとい五寸釘的なものを。

だから、見直しなんだ。

見直しとは、出血を止めるだけ、という消極的な雰囲気から脱却することはできないのだろうか?という事を考え始めています。

赤字覚悟というのは、なんだか面白くない。

責任回避の他人事だらけのエクスキューズばかりが報道されているここんとこの東京オリンピック事情ですが、

その原因をつくった奴らを差し置いて、

もっと面白い提案や政策を考えていくチャンスと考えたいと思います。

と、いっても

私自身、今すぐ、これだ!という案が出せるわけでもありませんが、いつものように書きながら考える、走りながら調べる、グズズズ言う前に、まずはカタチにする、というモットーに基づき、

無鉄砲に宣言したいと思います。

東京オリンピックを黒字化する

東京オリンピックを面白くする。

東京オリンピックを盛り上げる。

以上。

どういう流れになるのかも分からないまま、自分自身の知力を信じて、自分を追い込んでいきたいと思います。

(2015年8月1日「建築エコノミスト 森山のブログ」より転載)