BLOG

木曜から影響 非常に強い台風13号

2015年08月05日 23時48分 JST | 更新 2015年08月05日 23時48分 JST

default

台風13号 予想進路図

非常に強い台風13号は、勢力を維持したまま先島諸島に接近中。沖縄地方は6日木曜から風が強まり、海は大しけとなる見込み。早めの台風対策を。一方、東北~九州は、6日も強い日差しがジリジリと照りつけ、厳しい暑さが続きそうです。

非常に強い台風13号 7日に先島諸島に最も接近

非常に強い台風13号は、やや勢力を落としたものの、引き続き明瞭な眼が見られます(下の画像)。今後は、勢力を維持したまま西よりに進む予想。7日金曜には先島諸島に接近するおそれがあります。沖縄地方では、6日木曜から影響が出る見込みです。

<強風>

6日、沖縄本島や大東島地方では東の風、先島諸島では北東の風が強く吹く見込み。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るような風に注意が必要です。飛ばされやすいものは、早めに屋内に片づけておきましょう。

<高波>

すでに沖縄地方の沿岸は波が高くなっています。沖縄本島地方と先島諸島では、6日夜には大しけとなるでしょう。うねりを伴った高波に警戒してください。

<雷・突風・急な雨>

台風が最も接近するのは7日の予想ですが、その前から発達した積乱雲が近づくおそれ。落雷や突風、急な強い雨に注意しましょう。

default

非常に強い台風13号(5日16時現在)

東北から九州 猛烈な暑さが続く

東北から九州の最高気温は、6日も広く35度前後の予想山沿いを中心ににわか雨や雷雨はありますが、気温を大きく下げることはなさそうです。体にこたえる暑さとなりますので、引き続き熱中症に警戒を。

一方、北海道は前線が通過するため、午前中を中心に雨。気温は5日ほどは上がらず、厳しい暑さはおさまるでしょう。

default

6日木曜の予想最高気温

(2015年8月5日 21時30分)

【関連記事】

middle.jpg

石上 沙織

気象予報士

「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」

NHK岐阜放送局のキャスター時代、

取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。

天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。

以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、

「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。


その後、NHK名古屋放送局キャスターや

中部支社での解説・予報業務を経て

2015年春より日直予報士の一員に。


読んでくださった皆さんに、

少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!