Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

【台風16号】猛烈な雨・風の恐れ 連休明けには西・東日本に接近か

投稿日: 更新:
印刷

2016-09-17-1474071258-1782647-large.jpg

台風16号は非常に強い勢力で与那国島や石垣島など八重山地方に17日(土)昼前に接近する予想。猛烈な風が吹き、猛烈な雨の恐れ。西日本や東日本には連休明けの20日(火)以降、接近の恐れがあります。


八重山地方は大荒れ


強い台風16号は石垣島の南を北上中です。非常に強い勢力となって、明日17日(土)昼前に与那国島や石垣島など、八重山地方にかなり接近する見込みです。

【暴風】八重山地方では17日未明から暴風となり、17日明け方から猛烈な風が吹く見込みです。(※猛烈な風とは、電柱や街灯が倒れてしまったり、住家で倒壊するものがあるほどの風です。)外出するのが危険な風となりますので、不要不急の外出は避けましょう。

【大雨】台風の活発な雨雲がかかり、17日は1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがあります。(※猛烈な雨とは圧迫感のある雨で、雨による大規模な災害の発生する恐れがあります。)土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

【高波】八重山地方では17日未明から猛烈なしけとなるでしょう。海岸付近には近づかないようにして下さい。本島地方の海上もしける見込みですので、それほど荒天になっていなくても沿岸部には近よらないようにしましょう。

【高潮】大潮の時期と台風の接近が重なるため、八重山地方や宮古島地方では潮位が高くなる見込みです。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒が必要です。

2016-09-17-1474071391-6117691-large1.jpg

本州付近 台風接近前から大雨注意 連休明けは台風の動向に警戒


【3連休】

本州付近に台風16号が近づくのは連休明けとなる予想ですが、前線や台風14号から変わった低気圧の影響で、連休中から大雨に注意が必要です。九州から近畿は17日(土)の午後から18日(日)にかけて大気の状態が不安定になるでしょう。急な強い雨に注意が必要です。18日(日)は北陸から東北にかけても所々に活発な雨雲がかかるでしょう。特に、北陸では局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。

【連休明け】

台風16号は18日(日)頃から進路を東よりに変えて、20日(火)以降、西日本や東日本に接近の恐れがあります。まだ予報円がかなり大きく、進路や速度の予想に幅があるような状況です。台風接近となれば、雨や風が強まり、荒れた天気となりますので、最新の台風情報にご注意下さい。本州付近には秋雨前線も延びていますので、特に雨量が多くなる恐れがあります。

2016年9月16日 18時39分

【関連リンク】

2016-09-17-1474071637-5408162-small.jpg
吉田友海
[日本気象協会本社] 気象予報士
信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。