ame

雨が続いた場合は土砂災害の危険性が高まります。雨の影響に対して早めの警戒が必要です。
五連休初日は局地的に激しい雨が降り、落雷や突風、ひょうを伴うおそれがあります。
関東では、夕方から夜にかけて寒気の影響で大気の状態が不安定になり、落雷や突風、降雹などを伴うおそれがあるため注意が必要です。
西日本で局地的に強い雨が降り、このあと午後から夜にかけては、東日本や北日本で雨や風が強まるため注意が必要です。
4月4日(日)には、西日本や東海、関東エリアでは「桜吹雪」のエリアがほとんどとなる予測がされています。
東京など東日本や西日本では最高気温が20℃を超える日もある予想です。
2月13日夜の大きな地震で地盤が緩んでいるおそれがある東北太平洋側では、土砂災害の発生に注意が必要です。
昨夜大きな地震に見舞われた福島県や宮城県、岩手県では土砂災害が発生するリスクが高まります。