Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

台風1号 あす土曜は関東まで雨

投稿日: 更新:
印刷

2016-07-08-1467938693-3088719-large.jpg

8日、九州から近畿は広く雨で、非常に激しく降る恐れも。特に九州は、台風1号周辺の湿った空気の影響を受けやすく、猛烈な雨の降る所もある見込み。9日は、東海、北陸、関東まで雨の範囲が広がり、雨脚の強まる所も。


8日 九州から近畿に発達した雨雲 大雨に警戒を


8日、南から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、すでに九州、中国、四国の広い範囲と近畿の一部で雨が降っています。

明け方までに、奄美地方の 諏訪之瀬島 で1時間63ミリ、屋久島で1時間56ミリの非常に激しい雨が降るなど、特に、奄美地方や種子島屋久島地方に発達した雨雲がかかっています。

これから今夜にかけては、更に広い範囲で雨雲が発達する見込みです。

九州では「昼前から」降り方が強まり、非常に激しく降る恐れがあります。南部では1時間80ミリの猛烈な雨の降る所もある見込みです。

中国と四国は「夕方以降」、近畿は「夜遅くから」雨脚が強まり、太平洋側を中心に非常に激しく降るでしょう。

低い土地が浸水したり、アンダーパスなど低い所を通る道路は冠水することも考えられます。
また、川や用水路では、水かさが急に増す危険性がありますので、むやみに近づかないようにしてください。

9日の午前6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で
・九州南部と四国:300ミリ
・九州北部:250ミリ
・奄美:200ミリ
・中国、近畿:120ミリ
です。

熊本地震の影響や、大雨の影響で地盤が緩み、土砂災害の危険性が高くなる恐れもあります。気象台や自治体からの情報を、しっかりご確認ください。

なお、東海も、午後は雨の降り出す所がありそうです。
北陸や関東は、きょうは広い範囲での雨はありませんが、午後はにわか雨の所がありますので折り畳みの傘があると安心です。

9日 九州から関東まで広く雨


9日は、低気圧が西日本の太平洋沿岸を東へと進みます。これに伴って、雨の範囲が九州から関東にかけても広がるでしょう。

九州と中国、四国の雨のピークは朝までとなりそうですが、日中から夜にかけても断続的に雨が降る見込みです。

近畿や東海は一日雨で、「明け方から昼前後」にかけて雨脚が強まりそうです。激しく降る所もあるでしょう。

北陸と関東も一日を通して雨が降ったり止んだり。激しく降ることはなさそうですが、雨粒が地面からはねかえるような強い降り方をする所はあるでしょう。大きめの傘やレインシューズが役に立ちそうです。

10日には、まとまった雨雲は離れていきますが、九州では南部を中心に雨の続く所がある見込みです。

(2016年7月8日 8時11分)

【関連リンク】
日直予報士
雨雲の動き
警報・注意報
10日間天気

2016-07-08-1467939046-5594225-small.jpg


戸田よしか

気象予報士

よろしくおねがいします。