ニュース

「日本海」に「東海」併記は、占領下で韓国に発言権がなかったから=バージニア州議員

2014年01月17日 18時55分 JST

アメリカ・バージニア州の上院教育保健委員会で1月16日、公立学校の教科書で使われる「日本海」の表記に、韓国政府が主張する「東海(トンヘ)」の名称も併記するよう求める法案が可決された。法案は在米韓国団体の要請を受けて、バージニア州議会議員が提出したもので、2014年7月からの施行を求めている。MSN産経ニュースなどが報じている。

法案は「州教育委員会が公立学校用として承認したすべての教科書に、『日本海』と『東海』を併記する」という内容。韓国系団体のロビー活動を受け、リチャード・ブラック(共和党)とデイビッド・マースデン(民主党)の両議員が提出していた。

 

法案の可決後、両氏は「大変すばらしいことだ。本会議でも可決されるだろう」と自信を示した。本会議での採決などを経て成立すれば、法律は7月1日から施行される見通し。

 
(MSN産経ニュース「全米初 「東海」併記法案を可決 米バージニア州議会委員会、本会議へ」より 2014/01/17 08:15)

韓国系メディアのARIRANGによると、法案は9対4で可決されたという。法案は、教育保健委員会に付託される前に公立教育小委員会で議論されているが、「日本海」という名前が採択された時期について検討が行われた結果、小委員会に所属する6人全員一致で可決に至ったという。

マースデン議員は提案説明で 「‘東海’(Donghae)は1100年代からあった名称であり歴史的に正確」とし 「国家間で異見がある問題について教室で討論と学習がなければならない」と話した。リチャード・ブラック議員は 「国際水路機構(IHO)が‘日本海’地名を採択した1929年には日本が韓国を強制的に占領していたので、韓国には発言権がなかった」とし、このような歴史的背景を考慮して‘東海併記’が当然だと指摘した。



(ハンギョレ新聞「米バージニア州‘東海(トンヘ)併記’初の関門通過」より 2014/01/15 08:05)

また、17日には菅義偉官房長官が記者会見において、「日本海の名称は国際的に確立した唯一の名称で、これまでも日本政府として国際社会に対して正しい理解と支持を求めてきた。米国政府も『日本海』という呼称の単独使用を支持している」と述べている。

関連記事

2013年 画像でみる政治ニュース