gaiko

2022年が国交正常化50周年にあたることを「知っている」は32.6%で、「知らなかった」は67.1%と、盛り上がりを欠く現状が浮き彫りなった。
「中国の台頭と向き合うときに、日中友好時代のバランス感覚で挑んではいけない」(東京大学の佐橋亮・准教授)
まもなく開幕する北京オリンピック。日本は米国に続き、閣僚や政府高官ら政府関係者を派遣しないことを決めた。このようにそれぞれが抱える事情によって最善策を選択できないとき、求められるものとは━━。
新たに着任した、アメリカのラーム・エマニュエル駐日大使が林芳正外務大臣に送ったものは…?
朝日地球会議2021×国際交流基金日米センターの共催セッションから見えてきた、ポストコロナの生き方
PRESENTED BY 国際交流基金日米センター
温室効果ガスの主要な排出国である両国を巻き込み、サミットの意義を高めたい考えだ。
「(日韓関係は)今は寒い冬のなかにあるが、春を迎える準備をしなければならない」
人権問題として欧米が非難を強める中、発展途上だった中国への最大の援助国として協調を促す狙いだったとみられる。
現実主義とは「今の状況を想定して、その中で一番賢く生き抜く道」。これだけではダメだと、宮本雄二さん(元・駐中国特命全権大使)は話す。