STAP細胞の論文データに「不自然な点」との指摘 理研が調査開始

投稿日: 更新:
STAP
マウスの「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(STAP)細胞の」集まり(緑色の蛍光は光らせた遺伝子)。特殊な溶液で培養すると、盛んに増殖する幹細胞になる[理化学研究所提供] | 理化学研究所
印刷


新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を発見したとして、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが発表した論文に対し、外部から「データに不自然な点がある」との指摘が寄せられ、理研は17日までに調査を始めたという。理研は「論文成果そのものはゆるがない」としている。朝日新聞デジタルが報じた。

ネットのブログでは、別の状況で撮られたはずの二つの画像によく似た点があるほか、画像に手を加えたことを疑わせる不自然な線があると指摘された。


理研は13日から調査を開始。外部にも複数の専門家に調査を頼んだ。小保方さんを含む関係者から、すでに話を聞いた。結果はまとまり次第公表するという。


朝日新聞デジタル「STAP細胞論文に「不自然な画像」 理研が調査」2014/02/17 10:29)

小保方晴子研究ユニットリーダーらが発表した論文は、マウスの細胞を酸性の液体に浸すだけで、さまざまな組織や細胞になる能力を持つSTAP細胞を作ることに成功したとするもので、1月末に英科学誌ネイチャーに論文が掲載された。

【STAP細胞関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

ハフィントンポストの人気記事

Close
美しい宇宙写真集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

【新型万能細胞「STAP」】研究者が腰を抜かしたノーベル賞級大発見 ...

STAP細胞論文に「不自然な画像」 理研が調査

「感動で全身が震えた」 新型万能細胞「STAP」 若山照彦・山梨大教授に聞く

STAP細胞:「不自然な画像」指摘受け理研が論文を調査

「STAP細胞よりがん化リスク高い、は誤解」 iPS細胞の山中教授が声明