Huffpost Japan

【スーパーボウル】2015年も豪華だったCMまとめ 一番人気は...?

投稿日: 更新:
印刷

2月1日に開催された第49回NFL優勝決定戦「スーパーボウル」。スポーツの熱狂的なファンではない人にとって、アメリカで年間最高視聴率を記録するこの試合の中継で試合内容と同じくらい楽しみなのは、世界一高額としても知られる話題の最新コマーシャルを見ることだろう。

とはいえ、チキンウィングを食べるのに忙しかったり、試合とは関係のない用事を済ませたりしていてCMを見逃してしまった人もいるかもしれない。そんな人たちのために、ハフポストUS版が2015年のスーパーボウルで放映された必見CMを集めた。

印象深いCMの中には暗い雰囲気のCMもあった。例えば保険会社「Nationwide」の「Make Safe Happen(子どもたちに安全を)」というCMは、子供の死亡原因の第1位は防止可能な事故であり、ともにそういった事故を減らしていこう、という内容で、あまり視聴者受けはよくなかったようだ(文末スライドショーの33番目)。また、ソーシャルサイトで一番人気があったのは、P&G社の「#LikeAGirl」だった(スライドショーの17番目)。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

Close
2015 Super Bowl Commercials
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

スーパーボウル ペイトリオッツ優勝 NHKニュース - NHKオンライン

NFLスーパーボウル「広告の祭典」の全貌

スーパーボウル視聴率が史上最高49・7%

米スーパーボウル名場面