NEWS
2015年05月19日 15時55分 JST | 更新 2015年05月19日 15時56分 JST

橋下徹氏に「辞めないで」電話相次ぐ 大阪市民が"橋ロス"に?

「大阪都構想」が大阪市の住民投票で否決され、12月までの任期を全うして政界引退すると表明した橋下徹市長(大阪維新の会代表)の法律事務所や市役所などに、市民から「辞めないで」と引退撤回を求める電話が相次いでいる。弁護士業への復帰を表明していることから、複数の弁護依頼も来ているという。産経WESTは、「“橋ロス”に陥る市民も出てきそうだ」とし、喪失感を感じている市民も出てきていると報じている。

住民投票翌日の18日以降、大阪市北区の橋下氏の法律事務所では、橋下氏を引き留める電話が鳴りやまなくなった。事務所によると、これまでに約200件に上り、早くも「弁護をお願いしたい」という依頼もあるという。

(中略)大阪市によると、市役所本庁舎にはコールセンター宛てを含め18日午後3時までに電話やメールが67件届いた。うち50件が「辞めないでほしい」との内容。一方で「辞めてほしい」が2件、「都構想が実現しなくて安心した」との意見も4件あった。

引退表明、早くも市民に“橋ロス”? 事務所や市役所、党本部に電話、メール - 産経WEST 2015/05/19 12:38)

橋下氏は5月18日、副市長ら幹部職員約50人がそろう会議に出席。自身の進退について「次は出ない」と12月までの任期で市長職を退くことに改めて言及した

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

橋下徹氏の政界進出から引退表明まで