NEWS

野田佳彦前首相、変装して安保反対デモ視察していた 民主議員から「何で暴露するのかな」の声

2015年10月15日 00時57分 JST | 更新 2015年10月16日 01時00分 JST
Bloomberg via Getty Images
Yoshihiko Noda, Japan's former prime minister and a lawmaker in the opposition Democratic Party of Japan, listens during an interview in Tokyo, Japan, on Monday, June 9, 2014. Prime Minister Shinzo Abe risks triggering market turmoil should he fail to raise Japans sales tax to 10 percent next year, his immediate predecessor warned. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

民主党の岡田克也代表は10月14日、兵庫県で行われたタウンミーティングで講演し、野田佳彦前首相が変装して安全保障関連法の反対デモを視察していたことを明かした。サングラスに帽子を被って様子をうかがっていたという。産経ニュースによると、岡田氏は野田前首相から直接聞いたとしており、デモを数回にわたって視察した野田氏は「すごいことだ」と感心していたという。

岡田氏はこの日、神戸市で記者団の質問に答え、野田氏は「一緒にプラカードをあげていたわけではなく、状況を把握しに行っていたということだろうと思う。政治家だなと思った。私も代表じゃなければ、プラカードを掲げていたかもしれませんし、少なくとも様子は把握しに行ったと思います」と答えた。

一連の報道について、民主党所属議員からは、「何で暴露するのかな」という声があがっている。

安保関連法案・国会の内と外

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています