NEWS

ジハーディ・ジョンの死亡、ある程度確信=アメリカ軍報道官

2015年11月13日 18時29分 JST | 更新 2015年11月13日 18時29分 JST
Reuters

[ワシントン 13日 ロイター] - 日本人ジャーナリスト後藤健二さんらを殺害したとみられる過激派組織「イスラム国」の黒い覆面の男、通称「ジハーディ・ジョン」について、米軍主導の有志国連合司令部のウォーレン報道官は13日、米軍の空爆で男は死亡したと「ある程度確信している」が、確認するまでには多少時間がかかると述べた。

【関連記事】

イスラム国人質事件

    ハフポスト日本版編集部では、「イスラム国」、ISIS、ISIL、ダーイシュなどと呼ばれている過激派組織について、
  1. 編集部が作成する記事には、これまで「ダーイシュ」の表記を用いていましたが、「IS」という表記が定着してきたため、今後は「IS」に統一し、タイトルと記事本文の初出のみ「イスラム国」を併記します。
  2. 他社から配信された記事とブログ記事については、原文のままの表記とします。
  3. ソーシャルメディアへの投稿についても1~2に準じます。