NEWS

インド、新幹線導入を正式決定 日本は建設費用120億ドル融資へ

2015年12月13日 20時27分 JST | 更新 2015年12月13日 20時28分 JST
Reuters

[ニューデリー 12日 ロイター] - インド初の高速鉄道計画をめぐり、日本の新幹線方式が採用されることが正式に決まった。安倍晋三首相の訪印中の12日に両国が発表した。日本は120億ドル相当の借款を供与する。

新幹線方式の採用が決まったのはインドの金融センターであるムンバイとアーメダバードを結ぶ高速鉄道。ジャイシャンカル印外務次官によると、日本が提供する借款は利率が0.1%、償還期間が50年で「非常に譲歩的な」内容となった。

インドのモディ首相は「今回の計画はインドの鉄道に革命をもたらし、将来的にインドにおける移動のスピードアップにつながる。インドの経済改革の原動力にもなるだろう」と述べた。

両国は安保分野では、防衛装備品・技術移転協定と情報保護協定に署名。両政府が協議してきた、海上自衛隊の救難飛行艇「US2」のインド輸出については、首脳会談で協議されたものの「課題が残っている」(ジャイシャンカル印外務次官)という。

また、両国は原子力協定の締結で原則合意。署名に関するスケジュールについては明らかにされなかった。

関連記事

新幹線50年