NEWS

移民の現金を没収する法案、デンマークで可決へ

2016年01月13日 01時42分 JST | 更新 2016年01月13日 01時42分 JST
JOHAN NILSSON via Getty Images
Police organize the line of refugees on the stairway leading up from the trains arriving from Denmark at the Hyllie train station outside Malmo, Sweden, November 19, 2015. 600 refugees arrived in Malmo within 3 hours and the Swedish Migration Agency said in a press statement that they no longer can guarantee accommodation for all asylum seekers. AFP PHOTO / TT NEWS AGENCY / JOHAN NILSSON +++ SWEDEN OUT +++ (Photo credit should read JOHAN NILSSON/AFP/Getty Images)

デンマークで1月13日、移民らが所持している現金や貴重品などを没収する法案が、議会で可決される見通しとなった。難民申請者が利用する一時滞在施設の利用料を、移民にも負担してもらうためだという。ガーディアンなどが報じた。

法案は、移民が所持する財産のうち、1万クローネ(約17万1400円)以上の現金や、同額以上の価値がある所持品を、当局が没収することを認めるもの。ただし、結婚指輪などの思い出の品は対象外となる。時計や携帯電話は対象となる

法案は元々、3000クローネ(約5万1400円)以上の現金、婚約指輪などの宝石類も対象とされていたが、批判が殺到したことから条件を改めた。13日に審議入りし、26日に採決が行われる予定だ。

この法案には、「ナチス・ドイツをほうふつさせる」という批判や、「恐怖や外国人嫌悪をあおる恐れがある」などの懸念の声が出ている。ガーディアン紙のアルバート・ナデリー 記者は「恥ずべき政策」とツイートした。

ヨーロッパには多くの移民や難民が流入しているが、デンマークでは6月の総選挙で中道右派が勝利を収めて以来、難民問題に厳しい姿勢を取っている

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

シリア難民の子供たちはこんなところで寝ている

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています