nanmin

スリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)の妹2人が12日、朝日新聞のオンライン取材に応じた。
年末年始に引き続き、GW中、2回目の大人食堂が開催された。相談員をしながら、「なんかすごいことになってきたね」「終わりが見えないね」という言葉を支援者たちと何度も交わした。目の前の光景に、時々頭がクラクラした。
「最初は難民支援をしたいと思っていました。でも蓋を開けてみたら、『支援』なんて言葉が全然そぐわない、すごく優秀な人たちが沢山いた」。シリア難民のエンパワーメントに挑むITベンチャーがある。創業者とシリア出身のITエンジニアの思いは…
「難民が社会で『ここは私の居場所だ』と思えるようになれば、もっと日本に貢献したいと頑張るはず。それは、日本にとってもきっとプラスになるはずです」
6月20日、世界難民の日。MIYAVIさんと私がパーソナリティーを務めた音楽イベント「UNHCR WILL2LIVE MUSIC 2020」が配信され、世界の難民・避難民を新型コロナから守るための支援を呼びかけました。
SNS上での言葉の暴力が改めて見直されている今だけれど、一見尖っていなさそうで、実は暴力的な響きのある言葉がけろっと混じっていたりもする。それに気付ける社会だったなら、どれだけ素敵なことだろう。
世界難民の日の6月20日、17時から。水原希子さん、LUNA SEAら難民支援に賛同するアーティストが参加予定だ。
疫病や自然災害は、国や人種、宗教的信条や年齢、性別などと関係なく、あらゆる人々にとって脅威となる。以前から脆弱な立場に置かれていた人々、戦禍や差別に晒される地域ではより一層深刻な問題として立ちはだかるのだ。
平常時から社会的に弱い立場に置かれている難民たち。新型コロナ感染拡大のような非常時にはますます、様々なサービスや保護からこぼれ落ちてしまいます。