ライフスタイル

ZARAの最新コレクション、ジェンダーのない服「Ungendered」とは(画像)

2016年03月10日 00時42分 JST | 更新 2016年03月10日 00時44分 JST

スペイン発のファッションブランド「ZARA」の最新コレクションに注目が集まっている。

ZARAは、最新コレクションで「ジェンダー・ニュートラル」(性的の区別がない)な服のライン「Ungendered」を発表した。Ungenderedは、手頃な価格のラインで、みんなが着られるTシャツやジーンズ、スウェットなどが展開されている。

zara ungendered

ZARAのサイトには、同じ服を着た男女の写真が見られる。

zara ungendered

イギリスでは、このような取り組みが始まっている。高級デパート「セルフフリッジズ」は、ジェンダーのないポップアップ店をオープンした。

ディスカウント百貨店チェーンの「ターゲット」も、性は2つに区別できるものではなく幅があるものだとして、店舗において性別を特定する展示を徐々に廃止している。

ZARAの親会社であるアパレルメーカー、インディテックスは以前から、プチプラブランド「プルアンドベア」でジェンダーのない服を提供してきた。

このような動きは進歩的であるが、大きな小売チェーンのこのような商品ラインは、多くの場合、女性も着られる典型的なメンズアイテムだ。ドレスやスカートは含まれていない。

zara ungendered

もし、Ungenderedが性的の区別がないことを意味するなら、 なぜ2つの性のモデルのみが服を紹介するのだろうか。

zara ungendered

もちろん、こういった取り組みは正しい方向に進んでいる。ZARAには、できれば次のコレクションでは、もう少し性の多様性を取り入れてくれることを願う。

Ungenderedは現在、ZARAのサイト上で見ることができる。

この記事はハフポスト・カナダ版に掲載されたものを翻訳しました。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

あまり知られていない12の性的指向

【関連記事】

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています