apareru

皮膚疾患の乾癬患者さんは症状のため、好きに服を選べない人も。その悩みに耳を傾けて誕生した服が「FACT FASHION」です。患者さんだけではなく、多くの人が手に取れる「FACT FASHION」の可能性や多様性のある服作りの「未来」をファッションディレクターに聞きました。
PRESENTED BY FACT FASHION
好きな服を自由に選べない患者さんもいる皮膚疾患、乾癬。それでも素材や色、自分で工夫を凝らすことでおしゃれを楽しもうとしています。そんな患者さんの切実な声から、ファッションへの苦悩と希望をひもときます。そして、その声を原点に出発したブランド「FACT FASHION」にかける期待とは。
PRESENTED BY FACT FASHION
年代別に、回答が多かった「ブランド」を画像と一緒にご紹介します。「色が変わるまで使いこんだ」「旅行で都内を訪れたときに購入」「BEAMSのショッパーを持っている人は一目置かれていた」などの思い出も集まりました。
「しきりに『活躍』は叫ばれるけど、社会は手を差し伸べてくれない。もっと選択肢があれば」。「おかえりショーツ」を開発した江連千佳さんはその意図を語る。
日本の繊維業界は今後1年かけて指針をつくる方針です。国内外の強制労働問題などが背景にあるようです。
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
日々身に着ける衣服をどう選んでいますか?モデルのトラウデンさんや専門家と一緒に、ファッションからSDGsを考えます。
世界中で大ヒット中の任天堂「あつまれ どうぶつの森」。アバターの世界の隆盛は、ファッションビジネスにとってどんな可能性をもたらすのか。情報番組のコメンテーターや、雑誌『Numéro TOKYO』のエディトリアルアドバイザーをつとめる編集者の軍地彩弓さんが寄稿した。
日本製だから無条件に売れるわけではない。勝ち負けが交差するポイントはどこか。イタリア発のブランド「HAVVA」を訪ねた。
経営悪化を受けて、アメリカ本社が「破産法の適用申請を準備」と報じられていた。
「情熱と冷静の間で何度も行き来しながら、自分に嘘のない伝え方をイベントなどの場で表現しています」
下請け依存から脱却する効果的な手段、自社ブランド。成功を収めているブランドはどういった取り組みを行っているのか。
違う人間だから、100%理解し合うことは難しい。大事なのは「否定をしない」こと。