Huffpost Japan
中野渉 Headshot

SEALDsの半年を追った映画『わたしの自由について』は、テレビには流れなかった学生たちを捉えていた

投稿日: 更新:
印刷

「民主主義ってなんだ」――。安全保障関連法や憲法改正に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」の活動を追ったドキュメンタリー映画「わたしの自由について」が、5月14日から東京・渋谷のアップリンクなど各地で順次公開される。半年の間メンバーに密着し、デモでの訴えから日常までをとらえた西原孝至監督(32)がハフポスト日本版のインタビューに応じ、「おかしいから何とかしたいと思ったとき、一歩踏み出すきっかけになればいい」と話した。

インタビューには西原監督のほか、SEALDsのメンバーである牛田悦正さん(23)、奥田愛基さん(23)、芝田万奈さん(23)も参加した。

映画の内容は次の通り。2015年、第二次世界大戦から70年の間、平和国家として歩んできた日本の安全保障が、大きく変わろうとしていた。安倍晋三首相率いる自民党は、これまでの憲法解釈を180度転換し、集団的自衛権の行使容認を含む新たな安全保障関連法案を国会に提出した。この政府の動きに、若い世代を中心として国民は大きな危機感を持った。学生団体「SEALDs」(Students Emergency Action for Liberal Democracy-s)は東京を中心に立ち上がり、毎週金曜日に国会議事堂前で抗議活動を始め、その動きは全国に広がった。映画は、数名の若者たちが手探りではじめたこの社会運動を半年にわたって記録した。

西原孝至(にしはら・たかし) 富山県生まれ。早稲田大学で映像制作を学ぶ。2011 年の初長編作「青の光線」は、大阪アジアン映画祭に正式招待。現在、主にテレビドキュメンタリー番組のディレクターとして活動中。

sealds
取材に応じた(左から)牛田悦正さん(SEALDs)、西原孝至監督、奥田愛基さん(SEALDs)、芝田万奈さん(SEALDs)

――どういった経緯でこの作品を手がけることになったんですか。

西原孝至監督:昨年の春、SEALDsの前身「SASPL(サスプル)」が首相官邸前でデモをしている動画をYouTubeで見たのですが、かつてメーデーで見かけるような大通りで幟を揚げてシュプレヒコールをするデモとは違い、参加者は自分の友達にいそうな若い人たちで、自分たちの言葉やスタイルで思いを語っているのに衝撃を受けました。いったい、どういう思いでやっているのかと感心を持ちました。

昨年5月14日に安保関連法案が閣議決定されたときにSEALDsが緊急デモをしましたが、僕はカメラ持って写しに行きました。当初はオムニバス映画の登場人物を見つけるくらいの気持ちだったのですが、何かが生まれるような感覚を持ち、SEALDsで1本の映画にすることにしました。その後、デモやミーティング、そして夏過ぎからは日常生活も撮影しました。

――出演者みなさん、作品の感想を聞かせて下さい。

牛田悦正さん(大学生):メディアからの取材を受けると、多くは押しつけてくるような感じをしていました。西原監督は、メンバーの一員のように中に入って、撮りました。

奥田愛基さん(大学院生):印象に残っているのは普通の自分たちの姿です。悩んだり、言葉に詰まったりしているところは、テレビではカットされます。僕の不機嫌そうな顔も写っていました。「SEALDsすげえだろう」という感じじゃなくて、「こんな奴らでも、こんなことができたんだ」という感じがするんじゃないでしょうか。

僕たちは打ち合わせもしていないのに、過去への向き合い方とかについてみんな同じようなことを言っているのは面白いと思いました。作品を見て気づいたことです。

芝田万奈さん(大学生):マスメディアの取材では、記者から「安保をどう思うか」「平和大事ですよね」とか聞かれて、そこの側面ばかり切り取られるけど、映画では私が不機嫌なところなんかも記録されていて、恥ずかしくもあるけど、ありがたいなと思いました。

▼スライドショーが開きます▼

Close
映画「わたしの自由について」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

――どういう点に注目して見てもらいたいと思いますか。

西原監督:SEALDsは注目されたんですが、実はみんな手探りで、不安の中でやっていたんです。これで合っているのか、正しい方向に向かっているのか、そういう思いを抱えながらだったんですね。映画を見てくれた人が、何かおかしいから何とかしたいなと思ったとき、「自分でもできるかも」と一歩踏み出すきっかけになればいいと考えます。

牛田さん:自分と似た感覚の人に勇気を与えられたらいいと思っています。自分のやってきたことは間違いじゃないって。この作品は、100年後も200年後にも、そのくらい残るものなのだと思っています。

奥田さん:前身のSASPLでデモをやったとき、周りからは「日本じゃ学生運動は注目されない」「学生運動は昔の発想」「ヨーロッパでは学生運動は映画や雑誌でも取り上げられてカルチャーになっているけど、日本人は政治に無関心なんで無理」とか言われました。でも、それでもやっちゃおうかと思って続けました。見てもらって、共感できることもあるのではないでしょうか。

牛田さん:インタビューで「いまってこういう気持ちですよね」って感じで聞かれると、「うるせえなこのやろう」って思ったりするんです。誘導尋問が嫌なんですよね。人間って、いつも同じことを考えているわけではないし、まだまだだなって思ったりもする。そういった面も作品では出ています。

西原監督:SEALDsって、当初はそんなに注目されていなかったんですが、夏以降は各メディアが撮影したい対象になりました。その際、ずっと撮影している自分が申し訳ないっていう気持ちになったりもしましたね。

牛田さん:申し訳ないと思ってくれているからこそ、取材を受けようと思うんですよ。

――安全保障関連法が3月29日に施行されました。現状をどう見ていますか。

奥田さん:自由についての葛藤するのがSEALDsだと思っています。みんなで一緒にやる難しさもありました。この作品を見てもらうと、役割分担があって不公平じゃんという意見もあると思います。それが自由についての問いでもあります。

芝田さん:昨年の夏からSEALDsとどう関わるか悩んでいました。自分と社会のあり方を考え直していて、ちゃんと考えなきゃと、悩んでいる感じです。辞めたいと思いつつ、辞めたくない自分もいる、歩きながら考えている感覚です。


――今回作品としてまとめたわけですが、今後はどうしますか。

西原監督:SEALDsは参院選のある今年7月に解散するのですが、撮影は続けています。何らかの形で出しますが、まだどういう形になるかは分かりませんが、しっかり見届けたいと思います。

………
「わたしの自由について~SEALDs 2015~」(2016年 / 日本 / カラー/ 165分 / 16:9 / DCP) 
公式HP:http://www.about-my-liberty.com  
Facebook:https://www.facebook.com/about.my.liberty/  
Twitter:https://twitter.com/Film_AML2015 
監督・撮影・編集・製作:西原孝至 / 撮影応援・カラリスト:山本大輔 / サウンドデザイン:柳智隆
配給・宣伝:sky-key factory/配給協力:アップリンク/宣伝協力:contrail