Huffpost Japan

桂歌丸が再入院、腸閉塞治療のため 8月中の復帰目指す

投稿日: 更新:
UTAMARU
(写真はイメージ)高座に復帰し「怪談乳房榎」を熱演する桂歌丸さん=11日午後、東京都千代田区の国立演芸場  撮影日:2015年08月11日 | 時事通信社
印刷

oricon style

桂歌丸が再入院 復帰は「8月中席」目指す

落語家の桂歌丸(79)が、腸閉塞治療のため再入院することが27日、わかった。同日、落語芸術協会が発表した。

発表によると正式な病名は上腸間膜動脈症候群(十二指腸狭窄症)で、治療方法は、今後検査を実施して決定するという。入院期間は検査結果を受けて決まる予定で、この期間の高座とテレビ収録など仕事は休養する。

復帰時期については、8月11日から東京・国立演芸場で開催される「8月中席」からを目指し、直筆のサインとともに「また皆様のもとにすぐ戻ってまいります」とコメントしている。

歌丸は昨年6月1日に背部褥瘡(じょくそう)の手術を受けるため入院。同月9日に退院したが体力が低下して同月14日に再入院。腸閉塞と診断されて治療を受け、同年7月11日に退院した。

【関連記事】

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
「笑点」歴代司会者
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡