Huffpost Japan

スピード違反の男、パトカーで連行された先は牢屋ではなかった

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ・オハイオ高速交通警察隊の警察官が、粋なはからいをした。スピード違反で取り締まった男を、牢屋に入れる代わりに家族の元へ送り届けたのだ。

米ニュースメディア「インサイド・エディション」によると、送り届けられた男の名は、マーク・ロスさん。9月25日、午前3時に15歳の妹が自動車事故で死んだと聞き、できるだけ速く実家に戻ろうとした。しかし、ロスさんは車を持っていなかったので、友人にインディアナからデトロイトまで送ってもらうように頼んだ。

二人は高速を飛ばした。案の定、オハイオの高速道路で交通警察隊に捕まり、友人は免許が一時取り消しとなった。しかし、ロスさんは運転手の友人のために許しを請うた。友人は自分のためにスピードを超過してくれたというのだ。

事情を聞いたデビッド・ロビンソン巡査部長は、ロスさんのために祈り、そして友人の代わりに彼を100マイル(約160km)先のデトロイトまでパトカーで送った。

At 3am I got a phone call stating that my sister had been killed in a car accident due to some young dumb punk! I haven'...

Mark E Rossさんの投稿 2016年9月25日

「たしかに、スピードが出ていた。私はちょっとした罪のせいで、牢屋に行くことになるんだと思っていました」と、ロスさんはFacebookに投稿した。

「どれほど私が警察を嫌っているか、みんなは知っていると思います。しかし、このとき私は本当にありがたく思いました。彼は私に、希望をくれたのです」

訂正箇所を連絡