Huffpost Japan

トランプ氏優勢にセレブが悲鳴「Brexitの気持ちだ」

投稿日: 更新:
印刷


(GETTY/TWITTER)

アメリカ大統領選が行われた11月8日夜(現地時間)、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏をリードしている状況に、クリントン氏を応援していたセレブたちが悲鳴を上げている。

ジェームス・コーデン
「Brexitの気持ちだ」

ウィル・アーネット
「未来の女性たちやマイノリティーの人たちに、この事態をどう説明したらいいんだ」

エミー・ロッサム
「西海岸の人たち、今からでも遅くないから投票に行ってください」

リリー・アレン
「カナダに逃亡したい気持ち」

ラシダ・ジョーンズ
「すごく怖い。どうしてこうなったの?」

サラ・シルバーマン
「誰か私に希望を下さい」

シェール
「奴は、勝っても今と変わらないでしょう。報復に燃える、臆病者のまま。これは1930年代のドイツと一緒ですね。激しい怒りが私たちを飲み込む」

マンディ・ムーア
「今、取り乱している。現実が信じられない。希望を捨てないようにしてるけど、半分絶望している」

あの衝撃のイギリスEU離脱に続き、アメリカでも国を揺るがす結果が待っているのか…。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集(1872年以降、アメリカ大統領選に立候補した女性たち)▼

Close
1872年以降、アメリカ大統領選に立候補した女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら