政治

衆院選、どの党に投票したらいい? 憲法改正、原発、消費税で主要8党の公約を比較すると…

与野党でくっきり賛否別れた消費税。一方、憲法改正と原発は与党同士、野党同士でも温度差が

2017年10月10日 17時57分 JST | 更新 2017年10月11日 12時25分 JST
Huffpost Japan
各政党のマニフェスト

10月10日、衆院選が公示された。全国で約1200人が立候補し、22日に投開票される見込みだが、どの政党に投票したらいいか迷っている人も多いだろう。

ここでは憲法改正、原発の存続、消費税率アップの3点について、主要8党の公約をざっくり比較してみた。

Huffpost Japan
主要8党の衆院選公約。○=賛成、△=慎重、×=反対 (並びは解散前の議席が多い順)

憲法改正については自民、希望、維新、こころの4党が積極的。公明、立民は検討はしているが、慎重姿勢だ。共産、社民は「憲法改正は不要」という絶対反対の立場だ。

原発の存続については、自民、維新、こころの3党が一定の条件で再稼働を容認する立場で、原発は廃止しない考えだ。希望、公明も再稼働については条件付き容認だが、原発ゼロを掲げている。立民、共産、社民は再稼働で反対し、原発ゼロを目標にしている。

消費税率の10%への引き上げについては、従来通りの2019年10月に実施することを自民、公明が表明。この2党以外の全ての党が反対している。詳しくは以下の通り。

■憲法改正

国立公文書館
日本国憲法原文

<賛成>
自由民主党(自衛隊を明記、緊急事態対応、教育無償化など)
希望の党(一院制、地方分権、知る権利など。自衛隊は検討課題)
日本維新の会(教育無償化、道州制など。自衛隊には触れず)
日本のこころ(自主憲法を制定)

<慎重>
公明党(憲法9条1項2項は堅持。憲法の加筆は検討)
立憲民主党(憲法9条の改悪に反対。憲法議論は進める)

<反対>
日本共産党(現行憲法の前文を含む全条項を守る)
社会民主党(憲法改正は不要)

■原発の存続

Issei Kato / Reuters
九州電力の川内原発

<賛成>
自由民主党(再稼働を推進)
日本維新の会(条件付きで再稼働容認)
日本のこころ(再稼働を推進)

<慎重>
希望の党(条件付きで再稼働容認。2030年までに原発ゼロ)
公明党(条件付きで再稼働容認。原発ゼロを目指す)

<反対>
日本共産党(再稼働に反対。原発ゼロを目指す)
立憲民主党(現状では再稼働を認めず。原発ゼロ基本法を制定)
社会民主党(再稼働に反対。原発ゼロを目指す)

■消費税率10%への引き上げ

Wikimedia
10円玉

<賛成>
自由民主党(2019年10月に実施)
公明党(2019年10月に実施)

<反対>
希望の党(引き上げを凍結)
日本共産党(引き上げを中止)
立憲民主党(直ちに引き上げできない)
日本維新の会(引き上げを凍結)
社会民主党(引き上げ反対)
日本のこころ(当分の間、引き上げ停止)

■各党の公約を掲載しているサイト

自由民主党  希望の党  公明党  日本共産党  立憲民主党  日本維新の会  社会民主党  日本のこころ

おすすめ記事

ガソリン車に乗れなくなる日が来るって本当?いま知っておきたい、電気自動車の話。[SPONSORED]