profile image

平松正顕

天文学者、自然科学研究機構国立天文台チリ観測所 助教/教育広報主任

1980年、岡山県生まれ。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻修了。博士(理学)。台湾中央研究院天文及天文物理研究所博士研究員を経て2011年より現職。太陽よりも質量の小さな星の形成メカニズムの観測的研究を行いながら、電波天文学、特にアルマ望遠鏡の広報担当を務める。
Bloomberg via Getty Images

STAP細胞と研究広報

Natureに掲載された論文やその他の論文におけるいろいろな疑惑、研究不正の防止に関わることについては、自然科学の博士号を持つものとして思うこともいろいろあるのですが、ここではあくまでも「研究広報」の観点からの考察とします。
2014年03月25日 18時36分 JST