BLOG

毎日こども達の声、走り回る音が賑やかになりました。

2015年09月02日 22時28分 JST | 更新 2015年09月02日 22時28分 JST

ようこそ、モリウミアスへ!

12年もの間廃校だった桑浜小学校が、モリウミアスとなってこの夏に生まれ変わりました。

7月12日に多くの卒業生が集まったお披露目会では、完成までのこれまでを振り返り、今後に向けて話すスタッフと集まった方々に涙が溢れる感動的な場でした。

それから1カ月半、毎日こども達の声、走り回る音が鳥や虫の音と一緒に賑やかになりました。

モリウミアスには毎週たくさんのこども達が滞在しました。1週間、雄勝の自然と人との交流を通じて、参加者同士、そしてスタッフと共に「暮らし」の体験を通じて、サステナブルに生きる価値観を持ってもらう機会です。

循環の暮らし体験、雄勝の人と土地の物語、多様性の3つのテーマが織り込まれています。

山と海がつながる自然環境で山肌から湧き出し、沢が川となり海へ行き着く様子を感じ、魚介類・野菜を収穫し、調理して食べて、土に返す。エネルギーの循環など凝縮した自然の循環でつながりを感じられる場がここにはあります。

雄勝の人や土地の物語。震災によりまだまだ傷跡が残る町。その町を離れず前を向いて暮らす人々。個々のストーリーが人に響き揺るがす。こども達も様々な思いに感動し、つながりを持っていました。

そして多様性。参加するこども達は世界中から集まりました。フランスやアメリカ、中国で暮らすこどもが参加。スタッフもオープンから1カ月半の間に、6カ国から9人の外国人が手伝いに来てくれています。地元の方々も含め、多様な人が集まり共に時間を過ごすことが何よりも学びになっていました。

9月からは週末にご家族でお越しいただけます。19日からの連休は外国人と英語でミュージカルを行う楽しい企画も予定していますので、是非お越しください。