japan-localheats

観光にしても、移住にしても、その地域に住んでいる人がその地域に魅力を感じていなかったら人は集まってこないですよね。
ボルネオでは過去25年間で森林が約3割減少しています。
グローバルからローカルまで、独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
研究者の地道な調査は、環境問題の解決に向けて世界中で行われている。
WWFジャパンは、12月25日のクリスマスに向け、より環境に配慮した形で楽しむ方法を「グリーンクリスマスまでにしたい10のこと」として、トナカイの目線から提案します。
記念すべきパリ協定第1回会合に、「正式な締約国」として参加できるか、「オブザーバー」で参加するかは、その国の国際交渉における存在感を大きく異なったものにします。批准が間に合わなかった日本は、すでにオブザーバー参加が決まっており、出遅れ感は否めません。
日本で太陽光発電の高値買い取り制度が始まったのは2009年11月。期間は10年間なので、その後をどうするのか、という問題である。
京都学園大学教授・京都大学名誉教授の森本幸裕さんが、コンパクトな品種が使われ始めた街路樹について考察しています。
太陽光や風力といった再生可能な自然エネルギーに新たな可能性が見えてきました。2016年5月、この一カ月間に、九州電力管内で再エネの導入率が20%を超えたのです。
染色アーティストのカーラ・マリー・ピアッザが使うのは、廃棄寸前の「お花」。結婚式のブーケもこんなふうに使われています…
東京都は、持続可能性の推進を公約の一つとして掲げましたが、多くの課題が残されており、その一例が魚やエビ、貝といった水産資源の利用です。
「このような数字は今まで耳にしたことがありません」
環境ジャーナリストの竹内敬二さんが、3年ぶりにできた国の温暖化対策計画について、その問題点を指摘しています。
南太平洋の島国「キリバス」代表としてリオ・オリンピックで重量挙げに参加したデイヴィッド・カトアタウが世界の注目を集めている。
「神田川産のアユ」への期待も高まる。
国連大学サステイナビリティ高等研究所では、数年前からサブサハラ地域における気候・生態系変動への対応に取り組んでいます。
現在のペースでいくと、地球資源に対する需要を維持し続けていくためには、地球1.6個が必要であるとGFNは見積もっている。
「雨水」と書いて「うすい」と読むか、「あまみず」か。実は、天と地ほどの違いがあるのをご存じだろうか。
森林保全に配慮し、地域社会に優しく、経済的にも継続可能な形で生産された木材が受けるFSC®認証。日本で初めて認証を受けたコンクリートパネルが販売されました。