Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Larry Womack Headshot

もう隠すのは止めよう。ヒラリーが嫌われる理由はただ一つ、女性だからだ。

投稿日: 更新:
HILLARY CLINTON
ASSOCIATED PRESS
印刷

なぜ、クリントンは嫌われるのか?

なぜ、ヒラリーは憎まれるのか?

なぜ、みんなこんなにヒラリー・クリントンを嫌うのか?

えこひいきのせいか?

それとも予備選が激戦だったから?

おそらくNBCが以前言ったように「彼女はめちゃくちゃじゃない」からかもしれない。

面白いことに、その答えは数限りなくあっても、はっきりしたものがない。

私たちは「彼女がいかに信用できないか」について語るが、ファクトチェッカーによると、クリントンは国内の主要な政治家の中で2番目に最も正直だとランク付けしている(そして、彼女の対立候補は最下位だ)。

クリントンには透明性が欠けていると言われるが、彼女の対立候補は確定申告書の公開を拒んでいるし、今のところ内国歳入庁は記録を明らかにしない

クリントンの企業や金融業界との関わりが非難される一方で、対立候補は納税回避する法の抜け穴を上手く活用し、オバマ大統領は再選時ウォール街から記録破りの資金提供を受けていたのに任期満了を惜しまれている

クリントンが嫌われる理由は延々と長く続くが、すべて完全にデタラメだ。

事実、ヒラリー反対派の人たちは彼女の意見に反対しているというより、彼女を嫌悪しているようだ。彼らは面白い展開を望んでいるし、迎合している。クリントンには、男性の対立候補とはかなり違った基準が求められている。反対派は彼女を今までになかったくらいにの疑惑の目で見ている。何よりも彼らはクリントンが罰せられることを待ち望んでいる。そして攻撃的な男の存在が――たとえ危険なくらい無能であろうが――多くの人々にとって気晴らしとなっている。

彼ら以外、なんでこうなっているのかみんな知っている。

クリントン反対派には都合の悪い話がある。歴史的にみても、「女性の武器」が行使されることにためらいはない。たとえ「クリントンが男性であっても同じように支持しない」と反対派が演壇で叫んだところで無駄なことだ。歴史は私たちのありのままの姿を映し出す。私たちは矛盾だらけの社会で、女性蔑視な言動をし、哀れにも女性の存在理由は子育てだけではないという事実を受け入れようとしない。

その答えがありきたりの論説記事のように微妙なら、はっきり言おう。私たちは人間として女性蔑視の感情が消えない。人間がどんなにたくさんの枝に分かれしても全て同じ種から来ているように、これはビル・クリントンが初めて政治家に立候補した時からもう始まっていたことだ。これほどメディアが疑心暗鬼になるのも、これほど彼女の発言が粗探しされるのも、その他のあらゆることも、彼女が男として生まれてきていたら起こっていなかっただろう。

こうした感情を正当化しようとする私たちの試みは、後から考えてみたら、異常だと思われるだろう。

ブッシュ政権が、22人の政府職員が共和党全国委員会(RNC)の私用アカウントから違法に送った何百万通ものメールを消去し、政治的理由で8人のアメリカ連邦検事を解雇したことに関する調査を妨害しようとしたことが発覚した時でも、メディアはその週の日曜日に、たった一つのトーク番組で取り上げられただけだった。

ミット・ロムニーがサーバーを消去し、政府のハードディスクを側近中の側近の補佐官に売り、国民の税金を10万ドルも使って彼のメールを破壊した時、ほとんど問題にはならなかった。

ヒラリー・クリントンが、コリン・パウエルにアメリカ合衆国国務長官を務めながらどのようにしてブラックベリーを使うことができたのか尋ねた時、彼は政府の連邦記録法を意図的に回避する方法を詳しく記した。

私はブラックベリーを持っていなかった。私がやっていたのは、個人の電話回線に繋げる個人用のパソコンをもっていたことだ(大昔の話のようだが)。そうすれば国務省のサーバーを経由せずにさまざまな友人たちとコミュニケーションをとることができた。私はそれを外国の首脳たちとのやりとりにも使ったし、国務省のOBたちとも私用のメールを交信する時にも使った。出張でホテルに泊まった時も同じ方法を使った。
...これには深刻なリスクも伴う。もしあなたがブラックベリーを持っていることを知られ、政府相手であろうが誰であろうがそれを仕事に使っていることが政府に伝わったら、公式記録となって法で罰せられるかもしれない。

しかし、ヒラリー・クリントンが何かを隠す意図もなく私用のサーバーからメールを送ったことが、なぜか彼女の選挙活動で決定的な問題となっている。「なんてことだ!  これが他の人だったら刑務所送りのはずなのに!」と人々は嘆く。

それとも本当のスキャンダルは、家族が運営しているが利益は得ていない慈善団体「クリントン財団」なのか。クリントン財団はチャリティー・ウォッチからA判定を受け、チャリティー・ナビゲーターからは4段階評価中4を送られ、18カ国の4億3500万人にきれいな飲み水やHIVの薬を与えている。 AP通信は彼女が寄付した人間と面会したことをかなり問題視している。寄付者とはノーベル平和賞を受賞した経済学者のムハマド・ユヌスで、国務長官としてオフィスの中で面会した。

ここまで話せばヒラリーの相手がどんなに恥知らずの嘘つきで、偽りのビジネスで、偽りの大学偽りの慈善団体、そして今偽りの選挙活動で人々を騙して帝国を築き上げてきたが分かるだろう。トランプは3分15秒ごとに嘘をついている (彼のオンライン上の「サポーター」も同じだ)。「 自分はロシアの手先だ」という話はしただろうか? 私は彼が日々する馬鹿げた悪事の全てをリストアップしようとしたが、たくさんあり過ぎて1つ1つ覚えていることすらできない。

トランプにとって、今最も簡単に騙せるターゲットは有権者たちだ。

それは共和党だけに限らない。ダブルスタンダードがよりはっきりと見られるのはリベラルの方だ。

90年代半ば、クリントンは「私は家でクッキーを焼くような人間ではない」と発言し、自分は頭を使う人間の女性だという事実を隠そうとしなかったことは中道左派を震えあがらせた。マイケル・ムーアはそれを目撃し、「マウリーン・ドード(注・ニューヨーク・タイムズの女性コラムニスト)はヒラリー・ロッドハムをバッシングすることに執着している。リベラルがよくやることだ。彼らはリベラルではないことがはっきりした」と語った。そのバッシングは不気味で常軌を逸した監視活動へと変わっていった。

それ以来クリントンはモンデール以来民主党の上院議員として最高得票を集めた。彼女が2008年の大統領予備選で掲げた公約は、国内問題に関してはオバマより少し左よりで、2016年の公約は自称社会主義者のバーニー・サンダースよりごくわずか右だった。

それでも無数のリベラル気取りの人々が熱心に彼女の「保守的な法案に投票した記録」、信用できない公約、もしくはころころ変わる政治信条を嘆いている様子を私たちは見聞きしてきた。最近ジョン・スチュワートはクリントンのことを「聡明な女性だが信念を貫く勇気はない。なぜならその信念とやらはあやふやだから」と語った。彼が知らないから、彼女には信念がないという結論に直結するらしい。

実際には、山ほどある彼女の発言や行動の全てはまったくぶれていない。もしそれがどの方向をむいているのかわからないのなら、問題はあなたにある。

しかしの左派の多くは、ジョン・ケリーがイラク戦争を支持したのに、その2年後の大統領選で喜んで彼に投票した。にも関わらず、今では同じくイラク戦争を支持したクリントンに投票するなんてもってのほかだと言っている。

2008年にクリントンが同性婚に反対したことに対して軽蔑の目で見られているが、同じ時期、同じ立ち位置だったバラク・オバマやバーニー・サンダースといった男たちにはみんな媚びへつらっている。

もうそろそろ、クリントン嫌いにもっともらしい理屈をつけて取り繕うのはやめよう。それは「女性は権力を握るためなら手段を選ばない」と頑なに信じる強い思い込みからくるクリントン嫌いだ。そしてそれはシェークスピアが描いたマクベス夫人のような、陰謀を巡らす典型的な女性像としてのクリントン嫌いであり、正直言ってはなから存在してはいけないものだ。そしてそれは誰も認めようとしない。

ここで、2人の人物を思い出してみよう。一人は若い女性で、将来有望な法律関係のキャリアを歩み始めている。彼女は誰にも相手にされないような障害を持った子供たちや恵まれない境遇に産まれた子供たちに、確実に教育を受けさせる方法はないか聞いて回った。もう一人は若い億万長者で、兄の家族に復讐するため、甥っ子が必要としている医療保険を意図的に削った。その18カ月の赤ちゃんは希少難病の神経障害にかかっており、ひどい痙攣に苦しんでいても治療できなかった。

この2人を平等に扱う社会なんておかしくないか? 後者を前者よりも高い位置に選ぶなんて、そんな社会があっていいのか?

後年、人々はこんな大統領選があったことを嘆くことだろう。主要政党から出た初の女性大統領候補が――これまでの非現職の候補よりも有能で、大統領としての資格があり、徹底的に調べつくされた候補が、明らかにペテン師で、無知で、憎悪を掻き立てる扇動家と比べられなければならない屈辱に耐えた今回の大統領選を。

自分たちで作ってしまった不名誉は、自分たちで受け止めなければならない。

ハフポストUS版より翻訳しました。