ダイバシティ

「早く帰れおじさん」と「結果出せおじさん」、自分はどっち?

HuffPost Japan | Ryan Takeshita | 投稿日 2017年07月26日

僕が死んだら、会社の葬式もして、サイボウズの今の貯金は、みんなで山分けした方がいいですかね(笑)。

白人の赤ちゃんに、違う人種の女の子と男性がニッコリ。独立記念日を祝う写真に「いいね」炸裂

HuffPost Japan | Sarah Ruiz-Grossman | 投稿日 2017年07月14日

「この光景が、アメリカをグレイトな国にするのです。独立記念日おめでとう」

早稲田大学が「ダイバーシティ推進宣言」なぜこのタイミングなのか、LGBT学生支援センターの課長に話を聞いてみた

松岡宗嗣 | 投稿日 2017年07月12日
松岡宗嗣

見えてきたのは、「当事者の声、学生の声をしっかり反映することが、見落とされがちな細かい配慮に活きている」ということ。

坪井遥

【イベント開催】働きかたが多様化する時代に、それでも「会社」は必要か? 先駆者たちと語り尽くす

HuffingtonPost.jp | 坪井遥 | 投稿日 2017年06月28日

会社に行かなくてもいい時代が来るのか? いや、やはり会社という存在は必要であり続けるのか?

若年性乳がんは約2.7%。ステージ4がんの私がマイノリティになって気づいたこと

広林依子 | 投稿日 2017年06月25日
広林依子

マイノリティとは、人種や国籍、女性や障害者やLGBTなどだけに限ったものではないと思います。

「多様性」は厳しい:サイボウズ㈱大槻様の講義を聞いて

山口浩 | 投稿日 2017年06月15日
山口浩

多様性と自己決定に耐えられない人をどうするかは、依然として社会における大きな問題として残る。

ダイバーシティの"活かし方"がわからない? こんな「スキル」を管理職が身につければ、在宅・時短勤務社員はもっと活躍できます

HuffPost Japan | 投稿日 2017年06月15日

その「思い込み」がダイバーシティの妨げになっている?

「マイノリティ=悩み」を打ち破るための第一歩こそ絶対的に家庭環境だ

粕谷幸司 | 投稿日 2017年06月12日
粕谷幸司

負の連鎖を断ち切れるのも、幸福を継承していけるのも、その子にとっての今の家庭環境が大いに影響する。

セクシュアリティを明かしても安全な環境へ

りぃな | 投稿日 2017年06月01日
りぃな

会場にいるどの人の笑顔もとても素敵で、「彼らが毎日こんな素敵な笑顔で生きることが出来たらいいのに」と何度も胸が痛んだ。

生理休暇の取得1%割れ その理由は? 「体調不良なら休暇を自由に取れる環境を」の声も

HuffPost Japan | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年05月25日

なぜ取得率がこれほど低くなったのか?

「見た目問題」で自分を恥じていた彼女は、いまモデルとしてカメラの前に立っている【画像】

HuffPost Deutschland | Babette Habenstein | 投稿日 2017年05月25日

「人は誰でも、その人らしい美しさを持っているもの。それが、伝統的な美しさでも、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くてもね」

ゴミ拾いはコミュニケーションツール。「地域」で見つけた、多世代が交わる"学びの場"

那須野純花 | 投稿日 2017年05月18日
那須野純花

今の武蔵小杉チームにとって、おそうじはツール。 メインはコミュニケーションを取ることです。

職場のダイバーシティ、95%が「大事だと思う」一方「積極的に取り組んでいる」と感じる人は19%

エン・ジャパン | 投稿日 2017年05月12日
エン・ジャパン

もっとも多いダイバーシティへの取り組みは「女性の採用・登用」、もっとも少ないのは「LGBTの採用・登用」でした。

「体を分類しないで」女性の体型をしたUKの「ダヴ」ボディウォッシュに、思わぬ非難が殺到

The Huffington Post | Natasha Hinde | 投稿日 2017年05月12日

多様性を伝えようとしたけれど…「どのボトルも自分じゃない」。

「"普通の人かLGBT"じゃない」世界がもっとカラフルに見えてくるきっかけをくれた"東京レインボープライド"とは

松岡宗嗣 | 投稿日 2017年05月04日
松岡宗嗣

誰もが多様な性のあり方の一つで、自分という存在にプライドを持って生きていける。

子育てしにくい社会を変えるため、主婦の私にはニコ生を観る以外、何もできないの?

枇谷玲子 | 投稿日 2017年04月29日
枇谷玲子

この国では困っている人がいても、多数でなければ票につながらないから、支援の責任は民間企業にゆだねると言うのか?主婦の私には何もできないの?

育休明けの不安を解消しよう!先輩ママが教える、仕事&家事の時短術

WOMenらぼ by enjapan | 投稿日 2017年04月21日
WOMenらぼ by enjapan

ひとりで業務をやり切ろうとするワーママが多いのに対し、周りの人たちは業務を抱え込まないでほしいと考えていることが分かりました。

東京オリンピックに関わる企業「LGBT施策」が必要な理由

松岡宗嗣 | 投稿日 2017年04月18日
松岡宗嗣

LGBTに関する企業の施策が今後もっと増えていくことになりそうです。

Satoko Yasuda

「生理がつらいのに働くのは非効率」 Pairsを作った女性が生理休暇をすすめる理由

HuffingtonPost.jp | Satoko Yasuda | 投稿日 2017年04月16日

「生理痛でつらくて働けないような時には休んだ方が生産性があがる」って本当?

差別をなくすのは難しい。でも、南アフリカを旅して希望を一つ見つけた

世羅侑未 | 投稿日 2017年04月11日
世羅侑未

1990年代にアパルトヘイトを終結させ、故ネルソン・マンデラ大統領が新憲法を樹立してから20年以上。現在の南アフリカで、黒人と白人はどのように暮らしているのだろうか。

女性活躍推進法施行から1年。グローバルの最新の潮流からの考察

塚原月子 | 投稿日 2017年04月04日
塚原月子

国内でのアドバイザリー業務を通じた経験及びグローバルの視点から私見を述べたいと思います。

転職、結婚、出産......。女性はこんな時に働く目的が変わっていた(調査結果)

エン・ジャパン | 投稿日 2017年04月02日
エン・ジャパン

女性の働く目的や、目的が変化したタイミングなど、未婚・既婚でどう異なるのでしょうか?アンケート結果をご報告します。

在宅ワークはママの味方? 活用しているママに聞く「理想と現実」

LAXIC | 投稿日 2017年04月02日
LAXIC

在宅ワークで働く8人のワーママに、理想と現実、上手に活用するコツについて聞きました。

「違い」こそが、イノベーションを生み出す。私たちがダイバーシティを目指す理由

投稿日 2017年03月30日

「Different is better」のマインドで、ダイバーシティを実現していく。

卒業式に見る「規律の元での画一的指導」や「道徳の教科化」で危ぶまれる多様性への配慮

海津敦子 | 投稿日 2017年03月29日
海津敦子

来年の春から学校の道徳が教科となり、先生が子ども一人ひとりの「道徳」について文章で評価する授業が始まります。