Dna鑑定

JIJI PRESS via Getty Images

袴田事件、再審の決め手となったDNA鑑定に検察が異議「他のDNAが混入した可能性」

1966年、静岡県で一家4人が殺害されたいわゆる「袴田事件」。DNA鑑定の結果、逮捕された袴田さんのDNAと一致せず、今年3月、再審が決定したが、東京高裁が異議を申し立てた。再審決定の決め手となったDNA鑑定において、「検査過程で他のDNAが混入した可能性があり、鑑定結果を信用できない」と主張しているという。
KidStock via Getty Images

「DNA鑑定」父が無断で依頼...... 子供や母の許可は必要ないのか

子どもを取り違えられた父親の葛藤を描いた映画『そして父になる』が話題を集めたり、有名芸能人の子どもが「実の子」なのかをめぐって騒動になったりと、昨今は親子関係をめぐる話題に事欠かない。そんな中、人間の遺伝情報が含まれるDNA(デオキシリボ核酸)を調べて生物学的に親子かどうかを判断する「DNA鑑定」に注目が集まっている。
Kazuhiro Tanda via Getty Images

「ハイブリッド卵子」で生まれた赤ちゃんは誰の子?

高齢出産の増加などを背景に、「卵子を若返らせる研究」が着々と進んでいるようだ。報道によると、独立行政法人「医薬基盤研究所」などの研究チームはこのほど、ヒトの卵子から染色体だけを取り出して別の卵子に移植して作った「ハイブリッド卵子」で、体外受精に成功したと医学専門誌に発表した。