営業

経験豊富な人材の求人が海外市場で増加。求められている職種は?

ミドルの転職NEWS | 投稿日 2017年07月13日
ミドルの転職NEWS

ミドル人材の採用ニーズが高い国ランキングをご紹介します。

クビ寸前から営業成績トップに変身したきっかけは、手紙だった。アナログだけど最強のビジネスツールとは?

HuffPost Japan | 投稿日 2017年06月27日

「モノとして形がある手紙やはがきは、ビジネスにとって大きなメリットがあります。使った人は勝ち組です」

ママになっても営業できる?「なりきりママ」から生まれた2つのアイデア

The Huffington Post | 小久保よしの | 投稿日 2017年04月11日

私たちは今回の実験で、『ママになっても営業できるかも!』と気づくことができたのです。絶対に無理だと思っていたのは固定観念だったと分かりました。

「夜だけ営業」の文房具店が人気上昇中 千葉の住宅街

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月05日

千葉の住宅街の一角で、夜だけ営業する文具店がある。ネットで話題となっている。鉛筆好きの店主が開店の「夢」を実現させた。

「今モヤモヤしている人こそ管理職を目指してほしい」壁にぶち当り続けた女性リーダーが語るマネジメントの楽しみ方とは?

WOMenらぼ by enjapan | 投稿日 2017年02月05日
WOMenらぼ by enjapan

もともと管理職には全く興味がなかったという山口さん。失敗の連続の日々をどうやって乗り越え、管理職を楽しむ今に至ったのか、話を聞きました。

通信業界最大手の営業成績トップは「のび太くん」。パワーダウンとアナログコミュニケーションが鍵となるその営業術の極意とは?

The Huffington Post | 投稿日 2016年11月28日

「営業らしくない」のび太の秘密はパワーダウン。

「私たち、ずっと働き続けたい」入社10年で急激に減る"営業女子"、200人の働きかた改革

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月26日

最も多かったのは、『営業は続けたいしやる気もあるけれど、続けることに不安がある』という声でした。

できない自分をさらけ出してチームを引っ張る。ある敏腕女性リーダーが実践したこと

WOMenらぼ by enjapan | 投稿日 2016年08月24日
WOMenらぼ by enjapan

エン・ジャパンで営業部門のリーダーとして活躍する宮田緑さん。 もともとは事務職だった宮田さんが営業にキャリアチェンジした理由は?

サイボウズ式:大事な商談の日なのに、保育園に預けられない──両親の代わりに営業チームで子守をした話

サイボウズ式 | 投稿日 2017年08月12日
サイボウズ式

これを機に保育が得意な人を社内で育成していくとか、制度にしていくのもおもしろいかもしれない。

【異業種の経験は強み】獣医を辞め営業でトップセールスになり、再び獣医に復職して分かったこと

STORYS.JP | 投稿日 2017年04月08日
STORYS.JP

獣医を辞め営業職に就き、そして再び獣医として活躍している女性のストーリー。全くの異業種を経験することで、彼女はどんな学びを得たのでしょうか。

「私たち、管理職を目指します」 営業女子の意識が変わった3つのワケ

中野円佳 | 投稿日 2016年09月09日
中野円佳

研修参加当初は誰も管理職になることを考えたこともなかったというあるチームが、4か月で「全員が営業で管理職を目指したいと思えるようになった」と発表。

営業女子、壁を打ち破ることはできるか 研修ではなく、「本気」の経営提言をするエイジョカレッジ

中野円佳 | 投稿日 2015年08月18日
中野円佳

日本の営業職女性の課題と、このプログラムで見えてきた可能性についてレポートしたいと思います。

リクルート→住友不動産→スタートアップへ飛び込んだ鈴木聡子さん「女性がこの業界で活躍するためには......」

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2015年09月04日
CAREER HACK by enjapan

人工知能によるアプリ収益化支援を行う株式会社メタップス。このスタートアップで広報を担うのは大手企業出身の鈴木聡子さんだ。

女性×30代×営業を最大限楽しみたい。20代でがむしゃらに走り続けた先に見えたもの

WOMenらぼ by enjapan | 投稿日 2015年09月04日
WOMenらぼ by enjapan

30代でも人材会社の営業としてバリバリ働くAyuさん。体調不良にリーマン・ショックを経験し、退職も考えたそうだが、思いとどまった理由とは

アポを受ける時「候補が送られる」のと「空き時間を教える」どちらが良いかを調査

しらべぇ | 投稿日 2015年06月06日
しらべぇ

はやいところでは既に営業まわりをはじめている新社会人もいると思います。電話にしろ、メールにしろ仕事としてアポイントをとる経験は緊張しますよね。

20代でキャリアは決まる  GAISHIKEI LEADERSの共通点

西口一希 | 投稿日 2017年03月10日
西口一希

これまで色んな経営者の方々とお会いさせて頂いて言えるのは、20代での仕事が、その後のキャリアを大きく左右しているという事です。

平均年齢27歳。若手がけん引する「サイバー・バズ」人事女子のキャリア観

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2015年09月04日
CAREER HACK by enjapan

サイバーエージェントグループの中で営業職を歴任しながら、採用や制度設計などを独自でスタートさせた吉澤麻貴さん。2014年上半期同社総会ベストスタッフ賞」を受賞するなど、現在も最前線で活躍中。「働くこと」を扱う自身のキャリアプランとは。

「営業という仕事が嫌い」を克服するために

安達裕哉 | 投稿日 2015年01月23日
安達裕哉

営業の新規開拓はゼロから人間関係を構築する。そういう日々の仕事に安らぎは殆ど無い。

ノウハウを共有しない「営業の属人化」を防ぐ手立ては1つしか無い

安達裕哉 | 投稿日 2014年10月24日
安達裕哉

昔、ある会社に、「オレは部下に仕事を教えたりはしない」という、トップ営業マンがいた。私は当時、「営業の技能伝承をして欲しい」という経営者からの依頼に沿って仕事をしていたので、この方には大変困っていた。そこで私は、その方に、「部下に仕事を教えないのは、なぜですか?何か考えがあってのことですか?」と尋ねた。その方は、少し回答を渋っていたが、こう答えた。

「仕事ができるやつ」への最短の道

安達裕哉 | 投稿日 2014年08月23日
安達裕哉

どうすれば「仕事のできるやつ」になれるだろうか。そういった相談を、若手の方からよくいただく。

新人は叱られている時、何を考えているか?

安達裕哉 | 投稿日 2014年05月31日
安達裕哉

「どちらの意見が正しいか」と言うことは問題ではない。ビジネスに「絶対の正解」は無いし、ある行動が成果につながるかどうかは厳密には測定できない。

成果かプロセスか、評価方法は部下自身から引き出す

In the looop | 投稿日 2014年05月24日
In the looop

経団連が2012年5月に発表した報告書「ミドルマネジャーをめぐる現状課題と求められる対応」によると、課長職の悩みとして「部下の人事評価が難しい」が2位にランクインしている(複数回答)。

世は乱世。戦国時代だと思って店舗運営をしたらこうなった

砂流恵介 | 投稿日 2014年04月04日
砂流恵介

僕は、本店や競合店などの外ばかりを見ており、自分の店のことを考えているようでまったく考えていませんでした。自分たちの武器、得意な戦い方、どうやって売上を上げていくかなどの「おのれを知り足元を固めること」を怠っていました。これに気づけてから、外を見るのではなく、店が繁盛することを真剣に考えれるようになり、奇策に効果がでてくるようになったのだと思います。 

「仕事」を3つの要素から考える/もしくはフリーランスに必要な資質について

Rootport | 投稿日 2014年03月25日
Rootport

およそ「仕事」と呼ばれる経済活動は、大きく三つの部門に分解できると思う。すなわち、ビジネス部門、クリエイティブ部門、コーポレート部門だ。この3つの仕事を1人でこなせなければ、フリーランスとして働くのは難しい。人間は、分業すればするほど作業効率が高くなる生き物だ。だから多くの場合、「会社」を作って、少しずつ手分けして事業を運営している。

お歳暮やおせちも「自爆営業」

朝日新聞社提供 | 牧内昇平、奥村智司、伊沢友之 | 投稿日 2013年12月28日

日本郵便の社員の販売ノルマは、年賀はがきに限らない。ギフト販売のお歳暮や地方特産品にも厳しいノルマがある。年の瀬にノルマを達成できない社員たちが、商品を自費で買い取る「自爆営業」に追い立てられている。