イギリス

イギリス、EU離脱を正式に通告 2年間の交渉に立ちはだかるハードルは何か

The Huffington Post | Jesselyn Cook | 投稿日 2017年03月30日

EUとの交渉を完了させる期間はわずか2年しか残されていない。

女性首相2人の脚写真でEU離脱を揶揄、イギリスの大衆紙に批判殺到 「デイリー・メールはなんてクズなんだ」

The Huffington Post UK | Graeme Demianyk | 投稿日 2017年03月29日

「ブレグジットどころじゃない、レッグ(脚)ジットを制したのは誰だ!」と見出しを付けた。

EU離脱を通告へ、メイ首相が書簡に署名 29日にリスボン条約50条が発動

The Huffington Post UK | Graeme Demianyk | 投稿日 2017年03月29日

EUからの離脱に向けた2年間に及ぶ交渉のスタートを合図する号砲が鳴る。

【ロンドンテロ事件】犯行現場にイスラム教徒の女性たちが集結

The Huffington Post UK | George Bowden | 投稿日 2017年03月27日

「これはイスラム教徒全員に対するテロ攻撃です」

グーグルからの広告引き上げ騒動、広がり続けるその背景

平 和博 | 投稿日 2017年03月30日
平 和博

グーグルからの広告引き上げの連鎖が止まらない。

「礼儀正しく、控えめ」一方で傷害事件も ロンドンテロ容疑者の姿

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月26日

ロンドン中心部の英国会議事堂とその周辺で50人以上が死傷したテロ事件で、射殺されたカリド・マスード容疑者が事件直前まで滞在した英中部バーミンガムを24日、訪れた。

ロンドン国会議事堂テロ、容疑者は単独犯か過激派か ISは「戦闘員」と呼んだが...

The Huffington Post | Alana Horowitz Satlin | 投稿日 2017年03月24日

どの程度関係していたのかは不明だ。

【ロンドン国会議事堂テロ事件】封鎖された議事堂内で児童たちは、人々を勇気づけるため賛美歌を歌った

The Huffington Post UK | Graeme Demianyk | 投稿日 2017年03月23日

「私たちは無事ですし、楽しく、歌で雰囲気を明るくしています」

ロンドン国会議事堂テロ事件に揺れるイギリス、最近の襲撃事件

The Huffington Post | Nick Robins-Early | 投稿日 2017年03月22日

過去12年間にイギリスを襲った過激派による主要な襲撃事件について、最近のものから一部を紹介する。

ロンドンの国会議事堂付近でテロ 容疑者含む5人死亡、約40人が負傷 警官も刺される【UPDATE】

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2017年03月22日

イギリス・ロンドン中心部の国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)で、議事堂内に侵入しようとした男が警官に撃たれたと、テレグラフなどが報じた。

【痛すぎる...】「炭パック」の恐怖、あなたは直視できる?

The Huffington Post UK | Sophie Gallagher | 投稿日 2017年03月20日

「美を追求する」ということが一体どんな結末をもたらすのか、身をもって体験したようだ。

消費税ショック―『スコットランド人夫の日本不思議発見記』(19)

すくすくパラダイスぷらす | 投稿日 2017年03月15日
すくすくパラダイスぷらす

最近では、日本でも税抜きと税込みの両方の金額を明記して売っているお店が増えたみたいですが、これは外国人観光客には本当にありがたいものだと思います。

映画は政治運動ではなく、小さな声だ。「わたしは、ダニエル・ブレイク」ケン・ローチ監督インタビュー

杉本穂高 | 投稿日 2017年03月15日
杉本穂高

「映画というのは、決して政治的なムーブメントではありませんし、そうしたくもありません」(ケン・ローチ監督)

フェイクニュース、ネット民はどのくらい騙されやすいか?:5つのグラフで検証

DIGIDAY[日本版] | 投稿日 2017年02月23日
DIGIDAY[日本版]

英国の公共TV放送局チャンネル4(Channel 4)が行った最近の調査で、記事の真偽を見出しから正しく判断できた人の割合は、わずか4%だった。

1杯のコーヒーが、ホームレスの人生を変えた。ビジネスマンに大変身

The Huffington Post | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年02月15日

イギリスのホームレスの男性が、1杯のコーヒーをきっかけに大変身を遂げたと話題になっています。

難民・移民政策は本当にその国の「内政問題」?

橋本直子 | 投稿日 2017年02月14日
橋本直子

難民政策も移民政策も決してある一国の「内政問題」として自己完結するものでなく、国際問題であり外交問題なのです。

記憶喪失の女性、恋人と再び結ばれる「最初は赤の他人に見えたけど...」

The Huffington Post | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年02月15日

記憶喪失になった女性が、忘れてしまった恋人と再び恋に落ちたと、イギリスのメディアが報じています。

浴室の窓から侵入した泥棒、抜けなくなって御用(画像)

The Huffington Post UK | Jack Sommers | 投稿日 2017年02月08日

「警察が到着するまでの間ぶらぶらしていました」

EU離脱に向けた白書公表、強硬な「ハードブレグジット」鮮明に でもExcelで作ったデータに間違いが

The Huffington Post UK | Jack Sommers | 投稿日 2017年02月03日

移民の管理を優先し、単一市場には参加せず、包括的な自由貿易協定(FTA)の締結を模索する。

デヴィッド・ボウイ、記念切手で振り返る生前の偉業 10枚組み限定発売へ

The Huffington Post | Lee Moran | 投稿日 2017年02月01日

6枚のアルバムジャケットと、4枚のツアー写真からなる。

トランプ大統領は、アメリカの「福男」になれるか-「主体」と「客体」入れ替わる時代:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年02月01日
ニッセイ基礎研究所

歴代アメリカ大統領の就任演説では、重要な時代状況を反映し、名言が生まれたりすることも多い。

漂流する米国と英国の行方-「上下」と「左右」に関する"気づき"から:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月25日
ニッセイ基礎研究所

アメリカ・トランプ新政権は、移民の排斥や保護主義に傾いている。アメリカのコインに刻まれた建国の理念はどうなったのだろうか。

アメリカ、EU、そしてチベット。ダライ・ラマ14世、世界の「分断」と「統合」を語る

Tomoko Nagano | 投稿日 2017年01月24日
Tomoko Nagano

「私たちは同じ人間です。私の国、私の大陸、私の宗教、というのは古い考え方です。地球上の70億人が一丸とならなればならない時代になりました」(ダライ・ラマ14世)

イギリス、単一市場から脱退 EU離脱は強硬的な「ハードブレグジット」へ

The Huffington Post UK | Owen Bennett | 投稿日 2017年01月17日

自国の移民政策に対するコントロールを取り戻したいとの考えから、EU司法裁判所からも脱退する。

クリスマス・ショック―『スコットランド人夫の日本不思議発見記』(16)

すくすくパラダイスぷらす | 投稿日 2016年12月22日
すくすくパラダイスぷらす

お互いのクリスマス事情を討論していると、夫がネットで衝撃的な事実を発見しました。