住宅

「賃貸住宅市場が危ない」 日銀が異例の警鐘 金融緩和による住宅過剰が物価を下押し?

東洋経済オンライン | 投稿日 2017年07月27日

賃貸住宅市場は供給過剰の懸念が高まっている。

坪井遥

「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」NHKが作ったAIの分析が冷たすぎる #AIに聞いてみた

HuffingtonPost.jp | 坪井遥 | 投稿日 2017年07月21日

ひとり暮らしの40代が増えると、日本は滅ぶ。そんなショッキングな分析がある。分析結果を導いたのはAI(人工知能)だ。しかも、そのAIを開発したのはなんと、公共放送・NHK――。

若者の住宅問題を解消するソウルのあるNPOの方法

両角達平 | 投稿日 2017年07月17日
両角達平

日本にいてはあまり実感がない若者の住宅問題だが、実は...

民泊新法(住宅宿泊事業法案)について

大城聡 | 投稿日 2017年05月20日
大城聡

まずは同法案の骨子について解説します。

エレベーターの交通計算(待ち時間と輸送能力)-マンションのエレベーターは何台あれば適正なのか:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月16日
ニッセイ基礎研究所

朝の出勤時等にどの程度の時間、エレベーターを待たなければいけないのか、は結構重要なことである。

自動運転の普及と住宅-完全自動運転が普及した社会を想像する。その3:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月06日
ニッセイ基礎研究所

自動車がない駐車スペースは結構広く感じるものだ。これが必要なくなれば、何に利用するだろうか。

「オレオレ都知事」からの脱却。だからと言って女性だからいいわけではない〜都政に望む住宅保障〜

雨宮処凛 | 投稿日 2016年07月27日
雨宮処凛

住む場所がなければ、どんな就労支援も意味がない。住民票がなければ選挙権もない。様々な「人権」が、あっさりと失われてしまう。

初めて持ち家を取得した人と 2回目以上の人の違いとは?:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年07月14日
ニッセイ基礎研究所

平成25年住生活総合調査を用いて、初めて持ち家を取得した層と2回目以上の層とを比較する。

最近住まいを取得した人の傾向とは?‐昨今の住宅取得事情(その1):研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年07月08日
ニッセイ基礎研究所

昨今の住宅取得事情について、一般的な統計を用いて様々な角度から分析した結果を紹介する。

反Airbnb法案、ニューヨーク州の上院を通過

TechCrunch Japan | 投稿日 2016年06月19日
TechCrunch Japan

もしAirbnb法案が法制化されれば、最大3万1000人のニューヨーク市民が立ち退きまたは差し押さえの危機に陥る、とAirbnbの調査結果が伝えている。

けいざい早わかり:減少する住宅着工・増加する空き家

藤田隼平 | 投稿日 2016年06月18日
藤田隼平

長い目で見ると、住宅着工は減少傾向にあります。

訪米など

石破茂 | 投稿日 2016年05月14日
石破茂

ワシントンDC郊外にある高齢者のための村、RIDERWOOD。その魅力とは…

今後10年の住宅政策の指針が閣議決定!パブコメは反映されたのか?

稲葉剛 | 投稿日 2016年03月22日
稲葉剛

国交省は住宅セーフティネットの「新たな仕組みの構築」を検討するため、住宅・宅地分科会に新たに小委員会を設置しました。

現地で働くバー経営者ってどんな家に住んでるの?

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年07月09日
週刊ABROADERS

カンボジアで一番有名な日本人、小澤 貴也さんの家を突撃訪問してきました。

5坪しかないカナダの極小住宅 内部はこうなっている【画像】

The Huffington Post | Suzy Strutner | 投稿日 2015年05月09日

小さい家に住むなら、住みやすくて、安くて、環境に良くて、なによりクールな家にするべきだ。バンクーバーにあるこの小さな家は、デザイン・機能性ともに学ぶ価値がある。

建築家が選んだ、最高峰の住宅デザイン10選(画像)

The Huffington Post | Carly Ledbetter | 投稿日 2015年04月21日

アメリカ建築家協会(AIA)が4月15日、2015年の住宅大賞を発表した。選ばれたデザインは非常に素晴らしいものばかりだ。

生活を一変させる家

小谷果鈴 | 投稿日 2015年04月25日
小谷果鈴

家は一体どのような役割を果たすものなのでしょうか? それは日々の生活を送る場所であり、家族と一緒に過ごす場所です。でも家がそれだけの場所だとしたら、それは少し物足りないかもしれません。

現代における家族の家

小谷果鈴 | 投稿日 2015年03月31日
小谷果鈴

現代における家族のための家。それがどれほど多様なものになっているかを紹介したいと思います。

「幸福度」を高める、はじめの一歩は...

岡本るみ子 | 投稿日 2014年05月26日
岡本るみ子

年に一度、経済協力開発機構(OECD)が、生活の満足度やワークライフバランス、所得などの指標に基づいて先進諸国の幸福度ランキングを発表している。つい先日、その最新版が発表され、CNNによると、オーストラリアが4年連続の首位となった。2位はノルウェー、3位はスウェーデン。日本は36カ国中、20位だった。

銀行の貸出増、一因は富裕層の節税対策?更に金利が上がるとの見方も

ロイター | ロイターニュース 竹本 能文;編集;田巻 一彦 | 投稿日 2013年07月08日

賃貸住宅の建設ラッシュが、銀行の貸し出し増加の一因となっている。消費増税や相続税の実質増税を控え、節税対策による建設需要が増えており、地銀を中心とした金融機関の貸出増加要因となっている…