魔女の宅急便

Shutterstock / IvicaNS

『魔女の宅急便』 ――今、必要な規制緩和

角野栄子の児童文学が原作で、宮崎駿によってアニメ化された「スタジオジブリ」による同名アニメ(89年)の実写版リメイクである。今回のリメイクは「アニメから実写」である。このパターンは他にも『ルパン三世』のように最近よくあるが、それだけネタに困ってきているのかもしれない。
majotaku.jp

『魔女の宅急便』実写版に「アニメの印象強すぎて違和感」の声も

宮崎駿のアニメ映画で知られる「魔女の宅急便」(原作:角野栄子)が、2014年3月に実写映画が公開される。その予告動画が12月9日に公開された。ヒロインの「キキ」を演じるのは16歳の新人俳優、小芝風花(こしば・ふうか)さん。動画では「お待たせしました。魔女の宅急便です!」と、ほうきにまたがって空を飛ぶシーンも入っている。